アンソニー・ルッソ、スパイダーマンのMCU離脱に言及「ソニーは悲惨な過ちを犯している」

『キャプテン・アメリカ』シリーズや、『アベンジャーズ』シリーズを弟のジョーと手掛けてきたアンソニー・ルッソが、スパイダーマンがMCUから離脱することに対してコメントした。

最新ニュース ゴシップ
アンソニー・ルッソ監督
  • アンソニー・ルッソ監督
  • マーベル・スタジオのCEOケヴィン・ファイギ(C)Getty Images
  • スパイダーマン - (C) Getty Image
『キャプテン・アメリカ』シリーズや、『アベンジャーズ』シリーズを手掛けてきたアンソニー・ルッソが、スパイダーマンがMCUから離脱することに対してコメントした。

「彼(スパイダーマン)を『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に出演させるのは、本当に大変だったんだ。長く、困難な過程があった。でも、実現させるには仕方のないことだった。だけど、マーベルのケヴィン・ファイギは、なんとかやってみせたんだ」と「Tronto Sun」紙に過去をふり返るアンソニー。

「ディズニーとソニーの良識ある人々は、それを何作かの映画で可能にする方法を見つけた。ぼくたちにとってもすごくいい経験になったし、観客も(ディズニーとソニーの)“結婚”を喜んだと思うんだ。だけど、そもそも最初の時点で“結婚”が難しかったことを知っていたから、今回、うまくいかなくなったことにはぼくもジョーも驚きやしないよ」とスパイダーマン離脱へ対する見解を語った。

「すべてのプロセスを通して希薄で危なげな関係だった。それはわかっていても、一歩下がってできる限り客観的に考えると、ソニーは悲劇的な過ちを犯していると思うんだよね。ケヴィン・ファイギが何年もかけて伝えてきた素晴らしい物語と成功を、複製できると思うことは。本当に大きな間違いだと思うよ」と率直な意見を述べた。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top