2019年はインド映画が豊作!ラップバトルにSF、ブラックコメディまで多種多様

多種多様なジャンル、かつ骨太なメッセージが込められたインド映画が相次いでいる。まさにインド映画が大渋滞する中、この秋冬に登場する話題作をピックアップした。

映画 洋画ニュース
『ガリーボーイ』
  • 『ガリーボーイ』
  • 『ガリーボーイ』
  • 『ガリーボーイ』
  • 『ガリーボーイ』
  • 『ガリーボーイ』
  • 『ガリーボーイ』
  • 『ガリーボーイ』
  • 『ガリーボーイ』
日本映画界に衝撃をもたらした『バーフバリ』シリーズ上陸から約2年。“歌って踊るインド映画”として一大ブームを巻き起こした『ムトゥ 踊るマハラジャ』(’95)以降、「マサラ上映」と呼ばれる観客が一体となりライヴ感、祭感がみなぎる体感型イベントはさらに進化、圧倒的な熱量で映画ファンを魅了している。

そして今年は、もはや突発的なヒットや現象としてではなく、従来のイメージを一新するかのような多種多様なジャンル、かつ骨太なメッセージが込められた作品の日本公開が相次いでいる。すでに公開中のタイトルだけでも、『シークレット・スーパースター』『あなたの名前を呼べたなら』『ヒンディー・ミディアム』とインド映画が大渋滞の中、この秋冬に登場する話題作をピックアップした。

魂の叫びをラップにのせ、スラムから抜け出せ『ガリーボーイ』10/18(金)公開


『ガリーボーイ』
インドで活躍するアーティストNaezyの驚きの実話を基に描かれ、海外で封切りになるやいなや全世界で大ヒット。インド・ムンバイのスラム街で生まれ育った主人公のガリーボーイ(路地裏の少年)・ムラドを演じるのは、“プリンス・オブ・ボリウッド”の呼び声高いランヴィール・シン

『ガリーボーイ』
北インド界の実力派女性監督ゾーヤー・アクタルがメガホンをとり、プロデューサーにはUSヒップホップ史に燦然と輝く名曲の数々で知られるラッパー・NAS(ナズ)が名を連ねているのも見逃せない。



世界最強の“おじさんロボ”地球を救う『ロボット2.0』10/25(金)公開


『ロボット2.0』本ビジュアル (C) 2018 Lyca Productions. All rights reserved.
2010年南インドのタミル映画として公開され、インド史上最高の興行収入をたたき出す大ヒットを記録したインド製SFアクションコメディ『ロボット』のシリーズ第2弾。『ムトゥ 踊るマハラジャ』などで知られるスーパースター、ラジニカーントが天才博士バシーと最強ロボのチッティの一人二役で主演する。

バシー博士が今回戦う相手は全インド人のスマホ! チッティはスーパーパワーを身に着けたバージョン2.0として再起動。地球を救うため、予測不能なバトルを繰り広げる。ハリウッド顔負けのVFXと凄まじいアクションと予測不能の展開、超ド級のエンターテインメントに釘付け。



疑いが疑いを招く…『盲目のメロディ~インド式殺人狂騒曲~』11/15(金)公開


『盲目のメロディ~インド式殺人狂騒曲~』(C)Eros international all rights reserved 
盲目を装うピアニストが殺人事件を目撃してしまったことをきっかけに、クセの強い登場人物たちが繰り広げる裏切りや騙しあいを描いたクライムコメディ。裏切りと騙しあいの大騒動が待ち受ける予測不能なブラックコメディに全インドが喝采を贈り、批評家たちからは「インドのコーエン兄弟だ!」「毎秒ごとに予想を裏切られる」など絶賛の声が殺到したという。

インドが誇るスターである3大カーン(アーミル・カーン、サルマン・カーン、シャー・ルク・カーン)を超えたといわれるアーユシュマーン・クラーナーほか、『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』など国際的な活躍をみせる名女優タブー、『パッドマン 5億人の女性を救った男』のラーディカー・アープテーなど日本でも馴染みのある顔ぶれが集結。



痛み知らずのニューヒーロー爆誕『燃えよスーリヤ!!』12/27日(金)公開


『燃えよスーリヤ!!』 (C) 2019 RSVP, a division of Unilazer Ventures Private Limited
第43回トロント国際映画祭ミッドナイト・マッドネス部門・観客賞を受賞したインド発のアクション・ヒーロー・エンターテインメント。

どんな痛みも感じないという特別な体質の持ち主の主人公スーリヤは、幼い頃に祖父から渡されたカンフー映画に衝撃を受けて以降、街の悪党を倒すことを目標として独自にカンフーの特訓を積んできた。カンフーと痛み知らずの身体を武器に、悪の組織との全面戦争に挑む。監督を務めたのは、『めぐり逢わせのお弁当』の製作に携わり、本作が長編監督2本目となるヴァーサン・バーラー。本作で銀幕デビューとなるアビマニュ・ダサーニーが主人公スーリヤを演じる。


さらに、2008年のインド・ムンバイ同時多発テロでテロリストに占拠されたタージマハル・パレス・ホテルでの脱出劇を描いた『ホテル・ムンバイ』は、オーストラリア・アメリカ・インドの合作映画。2019年、よりどりみどりの作品が揃った、“多様で新しいインド映画”を堪能してみて。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top