ディーン・フジオカの声に「色気ハンパ無い」、松本まりかの演技に視聴者喝采…「シャーロック」1話

「シャーロック・ホームズ」シリーズを原作に、現代の東京でディーン・フジオカと岩田剛典のバディが数々の難事件を解決していくこの秋の月9ドラマ「シャーロック」が10月7日放送開始。ディーンさんの低音ボイスとゲストの松本まりかの演技に多くの反応が集まっている。

最新ニュース スクープ
「シャーロック」第1話 (C) フジテレビ
  • 「シャーロック」第1話 (C) フジテレビ
  • 「シャーロック」第1話 (C) フジテレビ
  • 「シャーロック」第1話 (C) フジテレビ
  • 「シャーロック」第1話 (C) フジテレビ
  • 「シャーロック」第1話 (C) フジテレビ
  • 「シャーロック」第1話 (C) フジテレビ
  • 「シャーロック」第1話 (C) フジテレビ
  • 「シャーロック」第1話 (C) フジテレビ
「シャーロック・ホームズ」シリーズを原作に、現代の東京でディーン・フジオカと岩田剛典のバディが数々の難事件を解決していくこの秋の月9ドラマ「シャーロック」が10月7日放送開始。ディーンさんの低音ボイスとゲストの松本まりかの演技に多くの反応が集まっている。

世界中にその名を知られているであろう名探偵シャーロック・ホームズの物語を、現代の東京を舞台に映像化する本作。

原作上のシャーロック・ホームズにあたる誉獅子雄は、本作ではフリーランスの犯罪コンサルタントとして警察の捜査に協力するという設定。獅子雄をディーンさんが演じる。


またホームズの“バディ”ジョン・ワトソンにあたる若宮潤一には岩田さん。レストレード警部にあたる警視庁刑事部捜査一課の警部・江藤礼二役に佐々木蔵之介。江藤の部下の小暮クミコには山田真歩。獅子雄の情報屋・レオにはゆうたろうといったキャストがレギュラーで出演。そのほか第1話には松本さん、中尾明慶、松井玲奈、淵上泰史、木下ほうか、平泉成ら豪華ゲストも出演した。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
都内のとある病院で、消化器内科医の赤羽栄光(中尾さん)が転落死。死の直前、助けを求める声が聞こえたことから何者かに突き落とされたことが疑われ、江藤たち捜査一課は病院関係者を集めて事情聴取。獅子雄は事情聴取を避けるようにその場を立ち去った精神科医の若宮をマークする。


江藤たちは若宮を疑い事情聴取を進めるが、実は赤羽と若宮は不正に医師免許を所得しており、そのことで同級生から脅された赤羽は妻・汀子にけしかけられ相手を殺害。追い詰められ自ら飛び降りていた――というのが今回のストーリー。


1話を見た視聴者からはディーンさんの低音ボイスに「ディーンさんの声本当に好き」「ディーンの話し方ってか声のトーンいい」「おディーン様の色気がハンパ無い」などの声が続々。

岩田さんの“バディ”ぶりも「すごく良い役だったなぁ若宮先生」「岩田さんもワトソン感が出てて良い感じ」と好評の模様。


メインキャストの演技にも多くの反応が集まる中、今回の1話で赤羽の妻・汀子役を演じた松本さんにも大きな注目が。「ホリデイラブ」での怪演などで知られる松本さんだが、今回も事件の“黒幕”として登場。

夫を殺され悲しみにくれる妻から、夫に自死を迫り、若宮や誉獅子までも殺害しようとする“悪女”ぶりに「松本まりか様本領発揮」「さすがの松本まりかwww」など多くの視聴者から“喝采”の声が寄せられていた。
《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top