驚異のワンショット撮影が連続 サム・メンデス最新作『1917』公開決定

2020年2月公開のサム・メンデス監督による最新作『1917』から、驚愕の撮影手法が使われている本作のフィーチャレット映像と場面写真が解禁された。

映画 洋画ニュース
『1917』(原題) (C)2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.
  • 『1917』(原題) (C)2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.
  • 『1917』(原題) (C)2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.
  • サム・メンデス監督-(C)Getty Images
  • ベネディクト・カンバーバッチ-(C)Getty Images
  • コリン・ファース-(C)Getty Images
ダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンド『007 スカイフォール』『007 スペクター』を大ヒットさせたサム・メンデス監督による最新作『1917』(原題)が、2020年2月に全国公開されることが決定。併せて、驚愕の撮影手法が使われている本作のフィーチャレット映像と場面写真が解禁された。

本作は、第一次世界大戦の”若きイギリス兵のある1日”を壮大なスケールと深いドラマで、リアルタイムに描き出したメンデス監督の渾身作。

若きイギリス兵のスコフィールドとブレイクが、危険待ち受ける敵の陣地をぐぐり抜け、進軍する仲間と兄弟が所属する1,600人の友軍兵士たちの命を救うべく、一刻も早く“作戦中止”の重要な伝令のために立ち向かっていく。

『1917』(原題) (C)2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.
解禁された映像では、兵士たちの動き、さらに息づかい1つ1つを観客に体感してもらい、究極の没入感へ導くために敢行された驚愕の撮影について、メンデス監督は「撮影にはこの辺をカットしよう、あのシーンをなくそうなどの編集という魔法の切り札があるが、本作ではできない」ため「長回しの撮影にすべきと考え」その苦労を語った。

アカデミー賞受賞の名撮影監督ロジャー・ディーキンス、主演のジョージ・マッケイ、ディーン=チャールズ・チャップマンらからは、驚くべきことに屋外で順撮りされたため、「天候によって撮影が左右される」ことや「カメラを俳優のアクションにぴたりと合わせるため、また長回しにより照明を置くことができないこと」、さらにリアルタイムで描くため「映像に一貫性を持たせる必要があり、天候待ち」をしたことなど秘話が次々と語られ、監督は「撮影がいかに困難だったか、その苦労と努力が映像全てに集約されている」とコメントしている。


さらに、メンデス監督は現地時間10月3日(木)に実施されたN.Y.コミコンに登壇し、「完璧に途切れなく物語を描くために、全てにおいて秒単位まで計算されるなど緻密な調整をした」とコメント。そのため、特にリハーサルについて「今までの過去のどの作品よりも時間を費やした」「自身のキャリアにおいて、最もエキサイティングな仕事だった」と大きな自信を覗かせていた。

『1917』(原題) (C)2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.
2人の若きイギリス兵には、ヴィゴ・モーテンセンの息子役を演じた『はじまりへの旅』やJ・A・バヨナ製作総指揮の『マローボーン家の掟』などのジョージ・マッケイと、「ゲーム・オブ・スローンズ」シリーズのトメン・バラシオン役のディーン=チャールズ・チャップマンというフレッシュな英国俳優を起用。

そして、ベネディクト・カンバーバッチコリン・ファースマーク・ストロングらイギリスを代表する実力派俳優が脇を固める。

『1917』(原題)は2020年2月、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top