ケネス・ブラナー演じるシェイクスピアと家族の溝…『シェイクスピアの庭』予告

ケネス・ブラナーがシェイクスピアを演じ監督も兼任、ジュディ・デンチ、イアン・マッケランら豪華キャストが揃う映画『シェイクスピアの庭』。あたたかなポスタービジュアルと予告編が到着した。

映画 洋画ニュース
ケネス・ブラナーがシェイクスピアを演じ監督も兼任、ジュディ・デンチ、イアン・マッケランら豪華キャストが揃う映画『シェイクスピアの庭』。この度、あたたかなポスタービジュアルと予告編が到着した。

>>『シェイクスピアの庭』あらすじ&キャストはこちらから

没後400年以上を経たいまもなお数々の名作が愛されている英国の偉大な文豪ウィリアム・シェイクスピア。本作は、断筆したシェイクスピアがロンドンを去り、故郷ストラットフォード・アポン・エイヴォンで過ごした“人生最期の3年間”にスポットをあて、知られざる<人間シェイクスピア>を描き出す感動作。

『シェイクスピアの庭』(C)2018 TKBC Limited. All Rights Reserved. 
公開された予告編では、ロンドンから故郷に戻ったケネス・ブラナー演じるシェイクスピアが、約20年ぶりに帰ってくるシーンからスタート。しかし、シェイクスピアの久々の帰還に妻と娘たちは戸惑いを隠せず。映像からは家族との溝が感じられる。


また、シェイクスピアが幼くして亡くなった愛する息子のために庭を造ると言い出し、家族たちは長年秘めていた思いを打ち明ける場面も登場している。

『シェイクスピアの庭』(C)2018 TKBC Limited. All Rights Reserved. 
そして同時に到着した本ポスタービジュアルでは、「真実の愛はすぐそばにある」というコピーとともに、シェイクスピアに妻アン(ジュディ・デンチ)、長女スザンナ(リディア・ウィルソン)、次女ジュディス(キャスリン・ワイルダー)といった家族が、あたたかく寄り添う形で写し出されている。

『シェイクスピアの庭』(C)2018 TKBC Limited. All Rights Reserved. 
『シェイクスピアの庭』は3月6日(金)よりBunkamuraル・シネマほか全国にて順次公開。
《cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top