ケネス・ブラナー&ジュディ・デンチ、家族の物語を語る『シェイクスピアの庭』特別映像

英国の文豪ウィリアム・シェイクスピアが、故郷で過ごした晩年を描く『シェイクスピアの庭』から、監督・主演であるケネス・ブラナーと、年上妻を演じた名女優ジュディ・デンチが語る特別映像が到着。

映画 洋画ニュース
『シェイクスピアの庭』(C)2018 TKBC Limited. All Rights Reserved. 
  • 『シェイクスピアの庭』(C)2018 TKBC Limited. All Rights Reserved. 
  • 『シェイクスピアの庭』(C)2018 TKBC Limited. All Rights Reserved. 
  • 『シェイクスピアの庭』(C)2018 TKBC Limited. All Rights Reserved. 
  • 『シェイクスピアの庭』(C)2018 TKBC Limited. All Rights Reserved. 
  • 『シェイクスピアの庭』(C)2018 TKBC Limited. All Rights Reserved. 
  • 『シェイクスピアの庭』(C)2018 TKBC Limited. All Rights Reserved. 
  • 『シェイクスピアの庭』(C)2018 TKBC Limited. All Rights Reserved. 
いまもなお愛され続ける英国の文豪ウィリアム・シェイクスピアが、故郷で過ごした晩年を描く『シェイクスピアの庭』。この度、本作の監督・主演であるケネス・ブラナーと、年上妻を演じた名女優ジュディ・デンチが語る特別映像が到着した。

>>『シェイクスピアの庭』あらすじ&キャストはこちらから

「ヘンリー八世」上演中にグローブ座を焼き尽くした大火災の後に断筆し、故郷ストラットフォード・アポン・エイヴォンで過ごした知られざる最期の日々を、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー出身で、舞台はもちろん、映画『ヘンリー五世』『から騒ぎ』『ハムレット』などシェイクスピア作品と深く関わってきたケネス・ブラナーが映画化。

一方、ジュディ・デンチといえば、オールド・ヴィック・シアターの舞台「ハムレット」でオフィーリア役を演じてから50余年、古典劇と現代劇の両方を見事に演じ、観客・批評家の両方から愛されてきたベテラン。『恋におちたシェイクスピア』('98)では米アカデミー賞助演女優賞受賞、2016年にはローレンス・オリヴィエ賞で史上最多8度目の受賞を果たした英国を代表する大女優。本作では、シェイクスピアの8つ年上の妻アンを演じている。

『シェイクスピアの庭』(C)2018 TKBC Limited. All Rights Reserved. 
ブラナーとはロイヤル・シェイクスピア・カンパニー時代から共演を重ね、すでに35年以上のキャリアを共にした仲。ブラナーにとってデンチは“シェイクスピア劇の達人”として、絶大な信頼を寄せる存在でもある。


デンチも、本作の出演オファーを受ける際、ブラナー本人が車で自宅まで来ると聞き「ガソリンの無駄使いはやめて、出ます」と即答したという。今回解禁となる特別映像内では、デンチが「ハムネットの死を扱ったのは、この作品が初めて」と、夭折したシェイクスピアの実の息子について触れながら、脚本を称賛。

また、ブラナーはシェイクスピアの成功者としての一面よりも、彼の「トラウマから引き起こされた出来事に魅力を感じた」と本作の企画の意図について述べ、妻や娘たちに翻弄される“人間シェイクスピア”を描いた「家族の物語」であると語っている。

『シェイクスピアの庭』(C)2018 TKBC Limited. All Rights Reserved. 
『シェイクスピアの庭』は3月6日(金)よりBunkamuraル・シネマほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top