綾野剛、松田龍平を愛おしそうに見つめる…『影裏』新写真到着

ヒューマンミステリー『影裏』から、1月26日の綾野剛の誕生日に合わせ、繊細な心を持つ主人公を演じた彼の新場面写真が到着した。

映画 邦画ニュース
『影裏』(C)2020「影裏」製作委員会
  • 『影裏』(C)2020「影裏」製作委員会
  • 『影裏』(C)2020「影裏」製作委員会
  • 『影裏』(C)2020「影裏」製作委員会
  • 『影裏』(C)2020「影裏」製作委員会
  • 『影裏』(C)2020「影裏」製作委員会
  • 『影裏』(C)2020「影裏」製作委員会
『るろうに剣心』シリーズや『3月のライオン』の大友啓史監督が綾野剛と松田龍平を迎えて贈るヒューマンミステリー『影裏』。今回、1月26日の綾野さんの誕生日に合わせ、『楽園』『閉鎖病棟』に続いて繊細な心を持つ主人公を演じた彼の新場面写真が到着した。

>>『影裏』あらすじ&キャストはこちらから

主人公・今野秋一を演じる綾野さんは、NHK連続テレビ小説「カーネーション」('11)でヒロインの恋の相手役を演じて脚光を浴び、『そこのみにて光輝く』('14)で第88回キネマ旬報ベスト・テン主演男優賞、『日本で一番悪い奴ら』(’16)で第40回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞するなど、出演作が途切れることなく、数多くの賞を獲得し俳優としての地位を築き続けてきた。

『影裏』(C)2020「影裏」製作委員会
本作では、会社の転勤で盛岡に移り住み、慣れない地でただひとり心を許すことができた同僚・日浅典博(松田龍平)に不思議な魅力を感じ、次第に特別な感情を抱いていく複雑な役柄を熱演。

『影裏』(C)2020「影裏」製作委員会
今回解禁された場面写真にも、日浅と幸せな日々を過ごし、愛おしそうに彼を見つめる今野の姿が収められている。そんな今野役を綾野さんは、「大友監督とその都度ディスカッションして作っていく、セッションしている感じでした。僕が役を通してやるべきことは、ちゃんと今野が存在しているということを証明する、それだけです」と、撮影時は特に具体的な準備をすることなく作り上げたと語る。

『影裏』(C)2020「影裏」製作委員会
しかし、いつも共に過ごしていた親友が突如として姿を消してしまう。いなくなって初めて知った日浅の光と影を見つめながら、今野が再生していく姿を描く本作。綾野さんは、「本作で大事にしたのは、”佇む”というのを忘れないこと。この物語は、今野の目線で紡がれていかなきゃいけないと思っています。時間の流れに逆らわず、置いていかれずに今野という役のタイムをしっかりと持つ。それがこの作品にとって、血や肉となって本当の意味で今野の主観の映画になると思います」と語る。

『影裏』(C)2020「影裏」製作委員会
綾野さんは、2019年に出演した『楽園』、第43回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞した『閉鎖病棟 ―それぞれの朝―』、そして2020年公開作1本目となる『影裏』を含めた3作品を、それまでの5年間で取り組んできた方法論を全て捨てて、大変化を遂げた3部作と自ら語っている。

すでにマスコミ試写で本作を鑑賞した関係者からは「綾野の最高の演技を観た!」「綾野だからこそできる役」と最高傑作との声が上がっており、複雑な心情を繊細に表現し、観る者の心に訴えかける綾野さんの演技を劇場で確かめてみてほしい。

『影裏』は2月14日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top