仲間由紀恵の“豹変”に「ゆきこさん、ヤバすぎる」…「10の秘密」6話

向井理、仲間由紀恵、仲里依紗、松村北斗、渡部篤郎らが出演する「10の秘密」の6話が2月18日放送。仲間さん演じる由貴子がついに娘に“悪女”の顔を見せる。その“豹変”ぶりに視聴者から「ヤバすぎる」といった声が上がっている。

最新ニュース スクープ
「10の秘密」第6話 (C) カンテレ
  • 「10の秘密」第6話 (C) カンテレ
  • 「10の秘密」第6話 (C) カンテレ
  • 「10の秘密」第6話 (C) カンテレ
  • 「10の秘密」第6話 (C) カンテレ
  • 「10の秘密」第6話 (C) カンテレ
  • 「10の秘密」第6話 (C) カンテレ
向井理、仲間由紀恵、仲里依紗、松村北斗、渡部篤郎らが出演する「10の秘密」の6話が2月18日放送。仲間さん演じる由貴子がついに娘に“悪女”の顔を見せる。その“豹変”ぶりに視聴者から「ヤバすぎる」といった声が上がっている。

14歳の娘・瞳と2人で暮らす白河圭太に向井さん。9年前に離婚した圭太の元妻で、現在は弁護士をしている仙台由貴子に仲間さん。圭太と由貴子の娘・瞳に山田杏奈。

圭太と親しい保育士・石川菜七子を仲さん。瞳が原因と思われる10年前の火事で母を失った音大生の伊達翼に松村さん。由貴子が弁護士をしている帝東建設の宇都宮竜二に渡部さんといったキャストが出演。

帝東建設の不正を巡り、由貴子が入手した3億を圭太は強奪するが、瞳と翼が近づくのを防ごうとして翼に襲い掛かられる。翼は圭太と由貴子が隠してきた10年前の火事で母親を失っており、圭太が母を殺した犯人だと思っていた…というのが先週までの展開。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
圭太が3億を入手したことを知った菜七子は「瞳のためだ」と自らを正当化する圭太を責めるが、瞳を誘拐した由貴子に返すことにも賛同できずにいた。そこに竜二(渡部篤郎)が現れ、竜二は由貴子の情報と引き換えに手を組もうと圭太に取引を持ちかける。


一方、金の隠し場所を突き止めたい由貴子は瞳の気持ちを巧みに利用し圭太への反撃を試みる。瞳のSNSから居場所を察知した圭太は由貴子と瞳のもとに駆け付け、瞳を誘拐したのが由貴子だと明かす…というのが今回のストーリー。

それまでの優し気な表情から一変。「大嫌い。お母さんって呼ばれるの」と瞳を冷たく突き放す由貴子。その豹変ぶりに「ゆきこさん、ヤバすぎる」「豹変っぷりがこえーんだけど」といった声が続々とSNSに投稿される。


一方で「仲間由紀恵の言ってることも、嘘っぽいんだよな」「暴言、なんだかんだで、これが全部嘘なんじゃないかと思ってる」といった声も。

さらにラストでは圭太が隠していた3億が再び奪われる事態に。火事のあった別荘地に向かった翼はそこで閲覧した過去の資料に竜二の姿を発見…様々なピースがつながってきた本作。今後の展開に視聴者の期待も高まっている模様だ。

《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top