実在するゲイの水球チームがモデル、笑いと涙の物語『シャイニー・シュリンプス!』公開

2019年5月にフランスで公開されたフランス語映画で初週動員数No.1を記録した感動のヒューマンドラマ『The Shiny Shrimps』が、邦題を『シャイニー・シュリンプス!愉快で愛しい仲間たち』として公開決定。併せて、特報とティザービジュアルが解禁となった。

映画 洋画ニュース
2019年5月にフランスで公開されたフランス語映画で初週動員数No.1を記録した感動のヒューマンドラマ『The Shiny Shrimps』が、邦題を『シャイニー・シュリンプス!愉快で愛しい仲間たち』として公開決定。併せて、特報とティザービジュアルが解禁となった。

同性愛者への心ない発言の罰として、ゲイのアマチュア水球チームのコーチをすることになった、元オリンピック・銀メダリストの水泳選手マチアス。そんな彼に課されたミッションは、弱小チーム「シャイニー・シュリンプス」を3か月後にクロアチアで開催される世界最大のLGBTQ+五輪“ゲイゲームズ”に出場させることだった。しかし、メンバーは勝ち負けにこだわらない“パーティー好き”なお調子者の集まりで…。果たしてマチアスはチームをまとめることができるのか――?

実在する水球チーム「シャイニー・シュリンプス」をモデルにした本作は、メンバーの一員でもあるセドリック・ル・ギャロが本作の監督、脚本を務めている。「奇異で過激と見られようと自分を貫く自由な仲間との旅は、人生観が変わるほどの経験でした。何よりも、辛い現実をユーモアで乗り切る彼らの圧倒的な強さを知ってもらいたい」というル・ギャロ監督の思いから、悩める全ての人たちを元気にする感動のヒューマンドラマが誕生した。

今回解禁された特報は、ユニークな振り付けと共に発せられる「お前らブッつぶす! 我らシャイニー・シュリンプス!」という元気なチームの掛け声から始まる。


年齢、人種、ジェンダーも様々なシャイニー・シュリンプスのメンバーたち。そこにコーチとしてやってきたマチアスは、終始浮かない表情。水泳選手として伸び悩み、オリンピック候補からも外され、プライベートでも娘とうまくいかない彼にとって、まともに練習をしないシャイニー・シュリンプスへの指導は時間の無駄でしかない。

しかし、誰しも悩みを抱え、それでも自分らしく楽しく生きているシャイニー・シュリンプスのメンバーと過ごす中で、マチアスの心にも変化が訪れる。映像の最後は、「君たちに出会えて良かった」と語る感動の場面で締めくくられている。

特報と同時にティザービジュアルも解禁。「人生楽しんだもん勝ち!」と、まさにシャイニー・シュリンプスの生き様を表すようなキャッチコピーとともに写し出されるのは、チームでひとり反対方向を向くマチアスの姿。劇中でチームメンバーとマチアスの関係性がどのように変化していくのか、期待が高まる1枚に仕上がっている。

『シャイニー・シュリンプス!愉快で愛しい仲間たち』 (C) LES IMPRODUCTIBLES, KALY PRODUCTIONS et CHARADES PRODUCTIONS
『シャイニー・シュリンプス!愉快で愛しい仲間たち』は7月10日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、Bunkamuraル・シネマほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top