仲里依紗演じる保育士・菜七子の“裏の顔”に衝撃走る…「10の秘密」7話

向井理と仲間由紀恵が“秘密”を抱えた元夫婦を演じる「10の秘密」の7話が2月25日に放送。仲里依紗の“裏の顔”に「ほら、やっぱり」「1番悪女」といった声が上がる一方、松村北斗演じる翼の変化にも視聴者が反応を寄せている。

最新ニュース スクープ
「10の秘密」第7話 (C) フジテレビ
  • 「10の秘密」第7話 (C) フジテレビ
  • 「10の秘密」第7話 (C) フジテレビ
  • 「10の秘密」第7話 (C) フジテレビ
  • 「10の秘密」第7話 (C) フジテレビ
  • 「10の秘密」第7話 (C) フジテレビ
向井理と仲間由紀恵が“秘密”を抱えた元夫婦を演じる「10の秘密」の7話が2月25日に放送。仲里依紗の“裏の顔”に「ほら、やっぱり」「1番悪女」といった声が上がる一方、松村北斗演じる翼の変化にも視聴者が反応を寄せている。

14歳の娘と暮らす白河圭太に向井さん、9年前に離婚した圭太の元妻・仙台由貴子に仲間さん、2人の娘・瞳に山田杏奈、圭太を支える保育士・石川菜七子に仲さん、由貴子が顧問弁護士を務めていた帝東建設の宇都宮竜二に渡部篤郎、10年前に火事で母を亡くした音大生の伊達翼に松村さん。菜七子の同僚保育士に堀田茜、帝東建設の社長・長沼に佐野史郎、圭太の母・純子に名取裕子といったキャスト。


由貴子の3億を圭太は強奪するが、金の隠し場所を突き止めたい由貴子は瞳の気持ちを利用して圭太への反撃を試みる。瞳を見つけ出した圭太は、由貴子を信じ続ける瞳に、誘拐は由貴子の仕業だと明かす。すると由貴子は瞳に冷たい言葉を浴びせる。さらに隠し場所から3億が持ち去られていた…というのが前回までの物語。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。


由貴子に金を奪い返されたと考えた圭太は竜二に接触。社長の長沼の失脚を狙う竜二に手を貸す素振りを見せ、由貴子の居場所を聞き出すが、由貴子の隠れ家で圭太は背後から襲われてしまう。

一方、翼は10年前に火事が起きた別荘の建設プロジェクトに竜二が関わっていたことを突き止め、過去の記憶を思い出し、昔の楽譜に母がメモした“ウツノミヤ”という名前を見つけ出す。翼から話を聞いた圭太は、由貴子を捕まえるために、そして10年前の真実を突き止めるためにも竜二と手を組むことを決める。翌朝、圭太は竜二から、自殺した矢吹が持っていたUSBは自分が持っており、由貴子は3億を入手するため圭太を利用していたと明かされる…というのが今回の物語。

そしてラストで、菜七子と竜二が裏でつながり、圭太が奪った3億を奪い返したのが菜七子だったことが明かされると「やっぱり菜七子!でも、宇都宮さんと繋がってたのか!」「ななこ先生1番悪女やん」「ななちゃんの裏の顔」などの声が視聴者から続出。

また竜二が翼の母と接点があったことも判明。瞳を利用していたことを謝罪、圭太とともに母殺しの“真犯人”を探そうとする翼の変化にも「白河家への疑いが少し晴れたからなのか警戒心が無くなったのか、ちょっと表情が柔らかくなった翼くんめちゃめちゃ可愛い」「翼くんめっちゃ優しい顔するじゃん」などの反応が寄せられている。
《笠緒》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top