清原翔の“ピエロ”姿が話題に 高畑淳子の演技にも感動の声続々「アライブ」8話

松下奈緒、木村佳乃らが、薬物療法専門でがん治療に取り組む“腫瘍内科”の医師を演じる「アライブ がん専門医のカルテ」の8話が2月27日放送。今回は高畑淳子演じるがん患者の生きざまに感動の声が殺到。清原翔の“ピエロ”姿にも注目が集まっている。

最新ニュース スクープ
「アライブ がん専門医のカルテ」第8話 (C) フジテレビ
  • 「アライブ がん専門医のカルテ」第8話 (C) フジテレビ
  • 「アライブ がん専門医のカルテ」第8話 (C) フジテレビ
  • 「アライブ がん専門医のカルテ」第8話 (C) フジテレビ
  • 「アライブ がん専門医のカルテ」第8話 (C) フジテレビ
  • 「アライブ がん専門医のカルテ」第8話 (C) フジテレビ
  • 「アライブ がん専門医のカルテ」第8話 (C) フジテレビ
  • 「アライブ がん専門医のカルテ」第8話 (C) フジテレビ
  • 「アライブ がん専門医のカルテ」第8話 (C) フジテレビ
松下奈緒、木村佳乃らが、薬物療法専門でがん治療に取り組む“腫瘍内科”の医師を演じる「アライブ がん専門医のカルテ」の8話が2月27日放送。今回は高畑淳子演じるがん患者の生きざまに感動の声が殺到。清原翔の“ピエロ”姿にも注目が集まっている。

横浜みなと総合病院に勤務する腫瘍内科医・恩田心に松下さん。梶山薫に木村さん。心の義父・京太郎に北大路欣也。研修医の結城涼に清原さん。結城と同じ研修医・夏樹奈海に岡崎紗絵。心の同僚・光野守男に藤井隆。心が担当している全身がんの患者・高坂民代に高畑さん。若くして乳がんになった佐倉莉子に小川紗良といったキャストが出演する本作。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
抗がん剤治療を受けないと言う民代。心が理由を尋ねると、動けるうちにやりたいことをやっておきたいという。そんな時、高校生の井上和樹(萩原利久)が入院してくる。和樹は幼いころから入退院を繰り返しており、大学入学を目前に控えてがんが再発する。自身の弟もがん患者だった奈海は和樹に寄り添おうとするが、和樹から拒絶されてしまう…というのが今回のおはなし。


ブログでは元気そうで前向きな自分を演じている和樹に、奈海は「嘘をつく必要あるんですか?」と訪ねたうえ「頑張って」と声をかけてしまう。ブログで自らを偽る理由を「読んでいる人の希望を奪いたくない」と答えていた和樹だが、次第に怒りを露わにし「先生、代わってくれよ。代われもしないくせに偉そうなこと言うんじゃねえよ!」と激昂してしまう。

これには視聴者から「自分がやりたくてできないことをせめてネットで演じるのはそんなに悪いこと?」「患者と同じ方向向いてなくてさ、コッチ向けよみたいな感じなのよ」と視聴者からも“お叱り”の声が。


一方、小児がんの子どもたちとの「ふれあいまつり」が催されることになり、結城と光野がピエロ姿でパフォーマンスすることに。

結城のピエロ姿に「スタイルの良さが溢れ出る」「マジックよりも清原翔くんのスタイルの良さに目が釘付け」など、演じている清原さんのスタイルにくぎ付けとなる視聴者が続出。


また今回はラストで抗がん剤治療を拒否した民代が海外旅行に旅立つことに。やりたいことをやり切りたいと、あくまで前向きに人生を全うしようとするその姿に「民代さんのやりたいことやり切るっていうのも一つの生き方だよな」「やりたいことやり切って生き抜くの!って民代さんカッコイイ…」「わたしも人生の中であなたと出会いたい」といった声が殺到。「高畑さんの説得力すごいな…」「高畑淳子さんの演技は泣ける」など高畑さんの演技にも絶賛の声がSNSにあふれている。

《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top