『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』公開延期へ 11月以降か

ダニエル・クレイグ『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の全英および全米公開日が、11月に延期されることが発表。4月10日(金)より公開予定だった日本も、新たな公開日を調整中という。

映画 洋画ニュース
ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じる“最後”の作品となる『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の全英および全米公開日が、11月に延期されることが発表。4月10日(金)より公開予定だった日本も、新たな公開日を調整中という。

>>『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』あらすじ&キャストはこちらから

今回、配給の東宝東和からの発表によれば、MGM、ユニバーサルならびに本作のプロデューサーであるマイケル・G・ウィルソンとバーバラ・ブロッコリにより全世界の映画興行における状況を検証し、熟慮を重ねた結果の決定であり、英国での公開日を本年11月12日(木)、全米公開を11月25日(水)まで延期することにしたという。

先日は、ダニエルらが参加予定だった北京プレミアと中国でのPRツアーの中止が発表されたところだった。

日本でも、新型コロナウイルスの感染状況ならびに新型コロナウイルス感染症対策本部において示された方針等に鑑み、これに準じた新たな公開日を現在調整中だとしている。
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top