“人を幸せにする”植物が香る…ボタニカルスリラー『リトル・ジョー』予告編

昨年の第72回カンヌ国際映画祭を震撼させたボタニカルスリラー『リトル・ジョー』から、新種の植物が“ゾッとする”幸せをもたらす予告編とポスタービジュアルが解禁された。

映画 洋画ニュース
昨年の第72回カンヌ国際映画祭を震撼させたボタニカルスリラー『リトル・ジョー』から、新種の植物が“ゾッとする”幸せをもたらす予告編とポスタービジュアルが解禁された。

>>『リトル・ジョー』あらすじ&キャストはこちらから

本作でカンヌ国際映画祭の女優賞を獲得し、エマ・ストーン主演『Cruella』(原題)にも出演するエミリー・ビーチャム主演、「007」シリーズのベン・ウィショーらの共演で話題の本作。

海外の舞台や映画音楽で活躍した日本人作曲家、故・伊藤貞司による不穏な尺八の音色が響く予告編は、上司からの期待と助手からの尊敬を得て、充実した日々を送るシングルマザーのアリスとひとり息子・ジョーの会話から始まる。

「人を幸せにしてくれる」とアリスが説明する画期的な植物“リトル・ジョー”のルールは3つ。「必ず、暖かい場所で育てること」「毎日、欠かさず水をあげること」、そして最も重要なことは「何よりも、愛すること」。だが、やがて“リトル・ジョー”の花粉を吸い込んだジョーや助手・クリスたちに異変が起き始め、違和感を持ちはじめるアリス。


彼女が生み出したものは希望か、絶望か。鮮やかで耽美な色彩と不気味さが入り混じり、一度見たら病みつきになりそうな香りを放つ予告編となっている。


『リトル・ジョー』は6月19日(金)よりアップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top