伊藤健太郎、“小寺さん”工藤遥に告白…!?『のぼる小寺さん』一直線な最新予告

工藤遥と伊藤健太郎共演『のぼる小寺さん』から、2人の距離感が甘酸っぱすぎる最新予告編映像と本ポスタービジュアルが解禁。

映画 邦画ニュース
工藤遥と伊藤健太郎の共演で、ボルダリングに一直線だが少し不器用な主人公を描く映画『のぼる小寺さん』。この度、そんな2人の距離感が甘酸っぱすぎる最新予告編映像と本ポスタービジュアルが解禁となった。

>>『のぼる小寺さん』あらすじ&キャストはこちらから

『ロボコン』『武士道シックスティーン』をはじめ青春映画で高い評価を得る古厩智之監督と、実写映画としては約5年ぶりとなる、映画『けいおん!』『聲の形』『若おかみは小学生!』など数々のヒット作を手掛ける脚本家・吉田玲子のタッグで、珈琲原作の人気漫画を映画化した本作。

この度解禁された予告映像では、「ひたすら上を向いて登る。それって、どういうことだろう」という近藤(伊藤さん)のナレーションと共に、ボルダリングに熱心に取り組む小寺(工藤さん)と、そんな小寺に心惹かれつつじっと見つめてしまう近藤の姿が映し出される。

好きなことに一直線な小寺だが、体育の授業のバレーボールではパスを顔面で受けてしまい鼻血を出してしまう不器用な一面や、休み時間にナイフを使って鉛筆削りをする一風変わった姿を見せながらも、なぜか周囲は小寺から目が離せない。体育館裏で近藤が小寺と話すシーンでは、小寺から「なんか近藤くんと初めて話したね」と言われ、密かに小さくガッツポーズで喜びを噛みしめる近藤が微笑ましい。

続いて同級生の倉田(吉川愛)が「ボルダリングってさ、やってて褒められることあるの?」と思い悩んだような表情で小寺に尋ね、それに対して「何度も挑戦してやっと登れた時は、やっぱり自分が嬉しい」と温かな笑顔で答える小寺の姿や、卓球の練習に打ち込むことを決意した近藤の姿など、小寺の存在を見つめることで徐々に背中を押されていく登場人物の瑞々しいシーンが切り取られている。


終盤では「小寺さん、俺…」と何かを言い出そうとする近藤と、近藤を真っ直ぐ見つめ返す小寺の甘酸っぱい距離感にも注目。

同時に解禁となった本ポスタービジュアルでは、「乗り越える壁は人それぞれ。一生懸命も、悪くないかも。」のコピーと共に、小寺、近藤を始めとする登場人物が送る爽やかな学校生活の1シーンが切り取られている。

『のぼる小寺さん』は6月5日(金)より新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top