ティモシー・シャラメ&ルイ・ガレル、シアーシャをめぐる魅力的な2人の男性に注目

『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』で、シアーシャ・ローナンをめぐる魅力的な2人の男性、ティモシー・シャラメとルイ・ガレルのキャラクターに迫った。

映画 洋画ニュース
『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
  • 『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
  • 『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』メイキングカット
  • 『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
  • 『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
  • 『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
  • 『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
  • 『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
  • 『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
シアーシャ・ローナン、エマ・ワトソン、フローレンス・ピューらの豪華競演で描く『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』。今回は、シアーシャ演じる小説家を目指す4姉妹の次女・ジョーをめぐる魅力的な2人の男性、ティモシー・シャラメとルイ・ガレルのキャラクターに迫った。

>>『ストーリー・オブ・ マイライフ/わたしの若草物語』あらすじ&キャストはこちらから

分かり合える“双子”のような幼なじみ:ティモシー・シャラメ


『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
まずは、4姉妹の隣に偶然引っ越してきた資産家の少年・ローリー。『君の名前で僕を呼んで』でオスカーにノミネートされ、グレタ・ガーウィグ監督『レディ・バード』にも出演したティモシー・シャラメが演じている。

『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
「ジョーは男の子の名前を持つ女の子で、ローリーは女の子の名前を持つ男の子」と語るガーウィグ監督にとって、まるでこの2人は男女の双子のように“鏡写し”の存在となった。そして、ローリーはジョーのことを疑いなくソウルメイトだと思っていたが、彼らの友情は世間一般のルールには収まらない、結婚という形式に囚われてしまうと壊れてしまう“何か”でもあった。

『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』メイキングカット
ティモシーは「より“完全な世界”でなら、ジョーとローリーはもしかしたらうまくいったのでは?」と考えている。「彼らの友情が、素晴らしい結婚生活を導いたケースも考えられる」と。「でも、彼らは本当に似ているから、喧嘩もするだろうから、同じくらいの可能性でお互いを傷つけ合ってしまったかも」と自身の見解を語る。

謙虚さを与える文学の師:ルイ・ガレル


『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
一方、ジョーをめぐるもう1人の男性は、教師のフレデリック・ベア。ジョーが小説家になる夢を叶えるため、そして自身の力でお金を稼ぐために渡ったN.Y.で出会う、文学についての広い知識を持つ落ち着いた大人の男性だ。だが、彼はジョーの作品に痛烈な批評をし、彼女を困惑させることにもなる。

この役を演じたのはベルナルド・ベルトルッチ監督『ドリーマーズ』で脚光を浴び、『サンローラン』『グッバイ・ゴダール!』『パリの恋人たち』などに出演、同時にフィルムメーカーでもあるフランス俳優ルイ・ガレル。

「彼はジョーが熱望する世界、夢見る世界の代表なんです。文学やインテリの世界。でも、二人の人間が出会って、突然何かが起きる時っていうのは、理由や説明なんてないこともあります」と、彼はジョーとフレデリック・ベアとの関係を考察する。

ジョーがフレデリックからパンチのような批評を受けるシーンは、シアーシャもお気に入りだ。「ジョーが部屋から飛び出して行くシーンは、私が今まで演じてきた中で一番爽快でした」と彼女は言う。

『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
「彼(ルイ・ガレル)は“フレデリック”に謙虚さを与えたのです。とても残酷で冷たいセリフも、とても“正直”にしてくれました」と明かし、「そのことでジョーは彼の正直さに恋に落ちるのです。誰もジョーに与えてくれなかった正直さ。ジョーは今まで誰にもその高慢な鼻をへし折られたことがないのですが、彼女は彼によって謙虚になって、それは彼女に大きな影響を与えました」と語っている。

『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』は6月12日(金)より全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top