【インタビュー】安斉かれん、初挑戦の演技で訪れた変化「いろいろなことに挑戦したい」

アユを演じたのは、先日、歌手デビュー1周年を迎えたばかりの新鋭・安斉かれん。演技に対する新鮮さや懸命さ、どこか孤高を持するクールビューティなところもあいまって絶妙なバランスを醸し、主役として存分に輝きを放っている。

最新ニュース インタビュー
「M 愛すべき人がいて」第6話 (C) テレビ朝日/AbemaTV,Inc.
  • 「M 愛すべき人がいて」第6話 (C) テレビ朝日/AbemaTV,Inc.
  • 「M 愛すべき人がいて」第6話 (C) テレビ朝日/AbemaTV,Inc.
  • 「M 愛すべき人がいて」第6話 (C) テレビ朝日/AbemaTV,Inc.
  • 「M 愛すべき人がいて」第6話 (C) テレビ朝日/AbemaTV,Inc.
  • 「M 愛すべき人がいて」第6話 (C) テレビ朝日/AbemaTV,Inc.
  • 「M 愛すべき人がいて」第6話 (C) テレビ朝日/AbemaTV,Inc.
  • 「M 愛すべき人がいて」第6話 (C) テレビ朝日/AbemaTV,Inc.
土曜ナイトドラマ「M 愛すべき人がいて」の展開が、佳境を迎えている。テレビ朝日とABEMAによる初の共同制作で作られた本ドラマは、平成の歌姫・浜崎あゆみにまつわる同名小説を基に、ドラマ用に大胆な脚色が施された。主人公“アユ”が、名プロデューサー“マックス・マサ”と出会い、導かれることで、トップスターに上り詰めていく様子が、ドラマティックに描かれている。

アユを演じたのは、先日、歌手デビュー1周年を迎えたばかりの新鋭・安斉かれん。演技に対する新鮮さや懸命さ、どこか孤高を持するクールビューティなところもあいまって絶妙なバランスを醸し、主役として存分に輝きを放っている。残すところ2話となった後半戦のいま、安斉さんに奮闘する思いをインタビューした。

初挑戦の芝居の世界 自分の演技は「うける」って感じで恥ずかしい(笑)




――現在、「M 愛すべき人がいて」撮影の後半戦に入っていると伺っています。“Stay Home”で撮休も長かったと思いますが、現場に戻ったとき、すぐ“アユ”に戻れましたか?

安斉:私自身、役に戻れるかがすごく不安だったので、本番の2日前に、1回リハーサルを入れてもらったんです。その時間があったからこそ、すんなりアユに入れたところもありました。やっぱり2か月も空いてしまうと、戻れるか不安でした。


――OAでは、毎話SNSでトレンド入りしたりと話題になっていますが、安斉さん自身、リアルタイムでご覧になっていましたか?

安斉:現場に入っているとき以外は、しっかり見ていました! 自分の演技は「恥ずかしさで、逆にうける」って感じでした(笑)。実際見ると、「テレビに映っている自分だ~」って、なんか恥ずかしかったです!


――副音声の放送では、伊集院光さん、ナイツの塙宣之さんなども、安斉さんの演技についてお話しており、すごく盛り上がっていました。皆さんの反応については、どう受け止めています?

安斉:すごくうれしいし、ありがたいです! もともと、お芝居というものが未知だったので、いろいろな意見をいただきます。ただ、自分では何が正解かも、まだわからないものなので、副音声の皆さんのお話はありがたかったです。姫野礼香さん(※田中みな実演じる)とのシーンについても、すごく反響をいただいているんですけど、とにかく礼香さんがすごいので、私も自然とリアクションができている感じです。

《text:赤山恭子》

特集

関連記事

特集

page top