河瀬直美監督『朝が来る』&仲野太賀主演『泣く子はいねぇが』サン・セバスティアン映画祭に選出

河瀬直美監督最新作『朝が来る』と、仲野太賀と吉岡里帆が夫婦役で出演する『泣く子はいねぇが』が、「第68回サン・セバスティアン国際映画祭」のコンペティション部門に正式出品されることが分かった。

最新ニュース スクープ
『朝が来る』(C)2020『朝が来る』Film Partners
  • 『朝が来る』(C)2020『朝が来る』Film Partners
  • 『泣く子はいねぇが』c2020「泣く子はいねぇが」製作委員会
  • 『泣く子はいねぇが』c2020「泣く子はいねぇが」製作委員会
  • 『泣く子はいねぇが』c2020「泣く子はいねぇが」製作委員会
  • 『朝が来る』 (C) 2020『朝が来る』Film Partners
  • 河瀬直美監督
  • 『泣く子はいねぇが』c2020「泣く子はいねぇが」製作委員会
河瀬直美監督最新作『朝が来る』と、仲野太賀と吉岡里帆が夫婦役で出演する『泣く子はいねぇが』が、「第68回サン・セバスティアン国際映画祭」のコンペティション部門に正式出品されることが分かった。

>>『朝が来る』あらすじ&キャストはこちらから

>>『泣く子はいねぇが』あらすじ&キャストはこちらから

本日7月3日、スペイン時間の11時(日本時間18時)に「第68回サン・セバスティアン国際映画祭」のラインナップ発表が行われた。

今回選出が決定した『朝が来る』は、ドラマ化もされた辻村深月の同名感動ミステリー小説の映画化。永作博美、井浦新、蒔田彩珠、浅田美代子らが出演している。

『朝が来る』 (C) 2020『朝が来る』Film Partners
河瀬監督にとって、本映画祭コンペティション部門への出品は、国際批評家連盟賞を受賞した『玄牝』(’10)、『Vision』(’18年)に続いて3作目。また本作は、カンヌ国際映画祭【CANNES 2020】、トロント国際映画祭に続く国際映画祭への選出だ。

河瀬監督は「コロナ禍において歴史あるサンセバスチャン国際映画祭が、開催の意志を持って世界を光の方向に照らしてゆく祭典に、正式出品作として『朝が来る』を選んでくださり感無量です!」と選出を喜んでいる。

そして『泣く子はいねぇが』は、映像制作者集団「分福」の新人映画監督・佐藤快磨のオリジナル脚本による映画。男鹿半島で伝承される神様「ナマハゲ」を通し、大人になりきれず社会にも馴染めない主人公が少しずつ成長する姿が描かれる。キャストには、仲野さんと吉岡さんのほかにも、山中崇、余貴美子、柳葉敏郎といった実力派キャストが出演している。

『泣く子はいねぇが』c2020「泣く子はいねぇが」製作委員会
仲野さんは「何が起きるのか、本当に分かりません。『ナマハゲの映画を撮りたいんだ』と、監督から企画を聞かせてもらった数年前には想像もしてませんでした」と今回の決定に驚きを隠せない様子。また「サンセバスチャン国際映画祭で、監督の素晴らしい才能が知れ渡ることを願いながら、佐藤組の皆んなでこの吉報を分かちあいたいです」とコメントした。

これまで、是枝裕和監督作『海街 diary』『そして父になる』などが受賞している「サン・セバスティアン国際映画祭」。第68回目となる今回は、現地時間9月18日(金)~26日(土)の期間で開催される予定で、映画祭には佐藤監督、是枝監督が参加を予定。受賞結果は、映画祭最終日の現地時間9月26日(土)に発表される。

『朝が来る』は10月23日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて公開。

『泣く子はいねぇが』は11月20日(金)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top