寛 一 郎、“親友”仲野太賀との「距離感が心地よかった」『泣く子はいねぇが』本編映像

仲野太賀主演の『泣く子はいねぇが』から、主人公を“ほどよい距離感”で支える親友役に扮した寛 一 郎の本編映像を独占入手。

映画 邦画ニュース
『泣く子はいねぇが』(C)2020「泣く子はいねぇが」製作委員会
  • 『泣く子はいねぇが』(C)2020「泣く子はいねぇが」製作委員会
  • 『泣く子はいねぇが』c2020「泣く子はいねぇが」製作委員会
  • 『泣く子はいねぇが』c2020「泣く子はいねぇが」製作委員会
  • 『泣く子はいねぇが』(C)2020「泣く子はいねぇが」製作委員会
  • 『泣く子はいねぇが』(C)2020「泣く子はいねぇが」製作委員会
  • 『泣く子はいねぇが』(C)2020「泣く子はいねぇが」製作委員会
  • 『泣く子はいねぇが』(C)2020「泣く子はいねぇが」製作委員会
  • 『泣く子はいねぇが』(C)2020「泣く子はいねぇが」製作委員会
サン・セバスティアン国際映画祭で最優秀撮影賞を受賞した、仲野太賀主演の映画『泣く子はいねぇが』。本作は、監督・脚本・編集の佐藤快磨が、秋田県・男鹿半島の伝統文化「男鹿のナマハゲ」から、“父親としての責任”“人としての道徳”というテーマを見出した完全オリジナル作品。そんな本作で、仲野さん演じる主人公を“ほどよい距離感”で支える親友役に扮した寛 一 郎の本編映像を独占入手した。

>>『泣く子はいねぇが』あらすじ&キャストはこちらから

この度解禁された本編映像は、2年ぶりに地元に帰ってきた主人公・たすく(仲野太賀)が、親友の志波(寛 一 郎)に会いに行くシーン。たすくは志波が持参したおにぎりを一緒に食べるが、おにぎりに入っていた思いがけない具に違和感を覚え、「何だこれ…」と戸惑う。

志波は「男鹿にも東京にねぇもんいっぱいあんだろ!」と自信満々に言い放つが、たすくは「何これ…サザエ?臭っ!! 不味っ!!」と声を荒げる。しかし志波は「東京にねぇべ?」と飄々と問いかけるが、たすくから「いや…合わない…」と告げられ、首を傾げる。たすくと志波の付き合いの長さと心を許した関係性も伝わる、コミカルなシーン。


志波を演じる寛 一 郎さんは、実際には仲野さんの3歳年下。映画『菊とギロチン』で俳優として初めて演技に挑み、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』『心が叫びたがってるんだ』『チワワちゃん』、最近ではドラマ「グランメゾン東京」や映画『劇場』など話題作への出演を着実に重ねている。

『泣く子はいねぇが』c2020「泣く子はいねぇが」製作委員会
本作を撮り終えた後、仲野さんと関係性について寛 一 郎さんは「太賀君も僕も、考えたい時間があるのでずっと一緒にいるわけではなかったのですが、良い距離感を保ちつつ、すごく仲が良い関係でいさせてもらえました。集中したいときは集中して、話したいときは話してという距離感がすごく心地よかったです。すごくメリハリのある関係性だったのかなと思います」と、自身の役作りには仲野さんとの良い関係性があってこそだったとコメント。

『泣く子はいねぇが』(C)2020「泣く子はいねぇが」製作委員会
本作でのたすくと志波もまさに、適度な距離感を保ちつつ、いつでも昔と同じ温度で語り合うことができる親友同士。仲野さんと寛 一 郎さんのケミストリーに注目だ。

広告の後にも続きます
『泣く子はいねぇが』は11月20日(金)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top