ヤン・イクチュン、孤独な青年に惹かれていく『詩人の恋』予告編

韓国の名優、映画監督として知られるヤン・イクチュンが『あゝ、荒野』のボクサー役から一転、ぽっこりふくらんだお腹で売れない詩人を演じた『詩人の恋』。この度、日本版予告編が解禁された。

韓流・華流 スクープ
『詩人の恋』 (C) 2017 CJ CGV Co., Ltd., JIN PICTURES, MIIN PICTURES All Rights Reserved
  • 『詩人の恋』 (C) 2017 CJ CGV Co., Ltd., JIN PICTURES, MIIN PICTURES All Rights Reserved
  • 『詩人の恋』 (C)2017 CJ CGV Co., Ltd., JIN PICTURES, MIIN PICTURES All Rights Reserved
  • 『詩人の恋』 (C) 2017 CJ CGV Co., Ltd., JIN PICTURES, MIIN PICTURES All Rights Reserved
韓国の名優、映画監督として知られるヤン・イクチュンが『あゝ、荒野』のボクサー役から一転、ぽっこりふくらんだお腹で売れない詩人を演じた『詩人の恋』。この度、日本版予告編が解禁された。

>>『詩人の恋』あらすじ&キャストはこちらから

ヤン・イクチュン扮する詩人のヒョン・テッキがドーナツ屋で働く青年に心魅かれていく姿が描かれ、クスっと笑えるポップなシーンから始まる日本版予告編。

テッキはほぼ稼ぎもなく、小学生には「詩人なのに太っている」とからかわれ、売れない詩人のヘタレ感が伺える。ぽっこりお腹と、ドーナツをほおばる姿はどこか可愛らしさがあり、『息もできない』『あゝ、荒野』などのヤン・イクチュンが、これまでのイメージとは違う新しい一面を見せる。

微笑ましい様子が伺える一方で、テッキと妻ガンスン(チョン・ヘジン)、テッキが魅かれる青年セユン(チョン・ガラム)の切ない三角関係が見どころ。テッキには彼を支える、妊活中の妻がいるが、孤独を抱える青年に特別な感情を抱いていくように..。それぞれが直面する切なすぎる現実。彼らにどんな結末が待っているのか、気になる映像となっている。


『詩人の恋』は11月13日(金)より新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top