【インタビュー】シャイで純粋、そして自由…ヤン・イクチュンの魅力はアンバランス『詩人の恋』キム・ヤンヒ監督が語る

『詩人の恋』キム・ヤンヒ監督が、主人公のさえない詩人を演じたヤン・イクチュンについて、また、彼が恋することになる青年を演じたチョン・ガラムや、物語の舞台となる済州島について語った。

韓流・華流 インタビュー
『詩人の恋』 (C) 2017 CJ CGV Co., Ltd., JIN PICTURES, MIIN PICTURES All Rights Reserved
  • 『詩人の恋』 (C) 2017 CJ CGV Co., Ltd., JIN PICTURES, MIIN PICTURES All Rights Reserved
  • 『詩人の恋』キム・ヤンヒ監督(C) 2017 CJ CGV Co., Ltd., JIN PICTURES, MIIN PICTURES All Rights Reserved
  • 『詩人の恋』キム・ヤンヒ監督(C) 2017 CJ CGV Co., Ltd., JIN PICTURES, MIIN PICTURES All Rights Reserved
  • 『詩人の恋』(C) 2017 CJ CGV Co., Ltd., JIN PICTURES, MIIN PICTURES All Rights Reserved
  • 『詩人の恋』 (C) 2017 CJ CGV Co., Ltd., JIN PICTURES, MIIN PICTURES All Rights Reserved
  • 『詩人の恋』 (C) 2017 CJ CGV Co., Ltd., JIN PICTURES, MIIN PICTURES All Rights Reserved
  • 『詩人の恋』 (C) 2017 CJ CGV Co., Ltd., JIN PICTURES, MIIN PICTURES All Rights Reserved
  • 『詩人の恋』 (C) 2017 CJ CGV Co., Ltd., JIN PICTURES, MIIN PICTURES All Rights Reserved
『はちどり』『82年生まれ、キム・ジヨン』など、韓国の女性監督作品が相次いで公開された今年。満を持してまもなく公開されるのが、キム・ヤンヒ監督の『詩人の恋』だ。

監督が2007年の短編デビューから10年の時を経て手掛けた初長編は、2017年・第30回東京国際映画祭ワールドフォーカス部門で上映されていたが、今回、待望の劇場公開が実現。そこで、主人公のさえない詩人を演じたヤン・イクチュンについて、また、彼が恋することになる青年を演じたチョン・ガラムや物語の舞台となる済州島について語ってもらった。

『息もできない』以前のヤン・イクチュンを知る監督


『詩人の恋』 (C) 2017 CJ CGV Co., Ltd., JIN PICTURES, MIIN PICTURES All Rights Reserved
『息もできない』(08)の粗暴な借金取りや『かぞくのくに』(12)の不穏な北朝鮮監視員、『あゝ、荒野』(17)の吃音症のボクサー役などで知られるヤン・イクチュンが、本作ではドーナツを愛するぽっこりお腹の売れない詩人に。しかも、自作の詩を情緒たっぷりに朗読するシーンもある。

「詩は本編にたくさん登場しますが、詩を読むナレーション箇所はいっきにまとめて録音しました。感情を入れて詩を読むことは大変難しいことですよね」と監督。ヤン・イクチュンとともに試行錯誤していったそうだが、「だんだん読んでいくうちに、イクチュンさんのなかでも感情が出来上がってきて、彼自身の感情に浸りながら読むようになりました。感情に浸る瞬間ができてきたので、いっきにスイッチが入ると、すーっと滑らかに詩を朗読できるようになりましたね」とふり返る。

「聞いているこちらも、耳に心地いいくらいの読み方になっていました。途中からは私もイクチュンさんにはとくに注文はせず、『気になるところがあればもう1回撮ってもいいですよ』と言うくらいで、それほどまでに彼自身のレベルが上がっていたので、録音を聞きながら私自身も本当に感動しました」。

『詩人の恋』キム・ヤンヒ監督(C) 2017 CJ CGV Co., Ltd., JIN PICTURES, MIIN PICTURES All Rights Reserved
“これまでのイメージを打ち破る”べく、ヤン・イクチュンに詩人テッキ役を任せた監督の試みは大成功といえるだろう。10年以上前の短編映画以来の再タッグとなった彼について、「私がいままで出会ってきた人の中でも5本の指に入るくらいのシャイな方」と監督は評する。

「ナイーブなところがあって、それでいて心が美しい方、また一方では自由奔放なところもあります。純粋なところも自由なところもあって、アンバランスなところがとても魅力的だと思っています」と、共演者や映画ファンからも愛される彼の魅力に触れた。

広告の後にも続きます

「たくさんインスピレーションを受けた」チョン・ガラムの魅力とは?


『詩人の恋』 (C) 2017 CJ CGV Co., Ltd., JIN PICTURES, MIIN PICTURES All Rights Reserved
そんなイクチュン演じる詩人が淡くも激しい感情を抱くようになるドーナツ店で働く青年セユンを演じたのは、注目の若手俳優チョン・ガラム。「オーディションでドアを開けた瞬間から、『セユン役は自分がやる』という眼差しで入ってきたので、私も彼を射るように見ていました(笑)その姿にまず圧倒されてしまいました」と監督はふり返る。「彼自身、『詩人の恋』の撮影前に少し仕事をセーブしていた時期があったので、休んでいた分、本作に打ち込みたいという気持ちが強かったんですね」。

『詩人の恋』 (C) 2017 CJ CGV Co., Ltd., JIN PICTURES, MIIN PICTURES All Rights Reserved
その圧倒的な眼差しに加え、「誠実さもあって、ルックスも素晴らしいですし、とにかく作品に臨む姿勢も素晴らしかったので私も彼からたくさんインスピレーションを受けました」と言い、「ガラムのような青年がいればセユンのキャラクターも観客に説得力を持たせることができる」と監督が考えるキャラクター像に大きな影響を与えたようだ。

《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top