ドウェイン・ジョンソン『ブラックアダム』はヒーローチーム描く!? 2021年12月全米公開

ドウェイン・ジョンソンが「DCファンドーム」の『Black Adam/ブラックアダム』(原題)を語る-トークセッションに登場した

映画 洋画ニュース
ドウェイン・ジョンソン-(C)Getty Images
  • ドウェイン・ジョンソン-(C)Getty Images
  • ドウェイン・ジョンソン-(C)Getty Images
ドウェイン・ジョンソンが「DCファンドーム」の『Black Adam/ブラックアダム』(原題)を語る-トークセッションに登場。自身で演じるブラックアダムのコンセプトアートと映像を公開、さらにサプライズゲストとして『チャーリーズ・エンジェル』(2019)にも出演したノア・センティネオが登場した。

ブラックアダムは、ザッカリー・リーヴァイが演じた『シャザム!』の宿敵といわれるDCヒーロー。以前、シャザム役のザッカリーは『シャザム!』続編にはブラックアダムは登場しないと語っていた。


そして今回、本作に登場するキャストとして、サプライズでドウェインから紹介されたのはアトム・スマッシャー役を演じるノア・センティネオ。

Netflix映画『好きだった君へのラブレター』で大ブレイクし、『チャーリーズ・エンジェル』にも出演したノアが演じるのは、自在に体のサイズを変える能力を持つヒーローだ。

ノアとの会話によれば、「JSA(ジャスティス・ソサエティ・オブ・アメリカ)」と呼ばれるアメコミ史上最も古い“スーパーヒーローチーム”が描かれることになるよう。ノアはロックダウン中にも駐車場でワークアウトを欠かさず、ヒーロー役に備えている様子だ。

JSAにはそのほか、ジョークマン、ドクター・フェイト、サイクロンといったヒーローが登場。『トレイン・ミッション』『ジャングル・クルーズ』のジャウマ・コレット=セラが監督する。


『Black Adam』は2021年12月22日に米公開予定。
《上原礼子》
上原礼子

「好き」が増え続けるライター 上原礼子

出版社、編集プロダクションにて情報誌・女性誌ほか、看護専門誌の映画欄を長年担当。海外ドラマ・韓国ドラマ・K-POPなどにもハマり、ご縁あって「好き」を書くことに。ポン・ジュノ監督の言葉どおり「字幕の1インチ」を超えていくことが楽しい。保護猫の執事。LGBTQ+ Ally。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top