ショーン・コネリー、90歳の誕生日を迎える 後輩ボンドのピアース・ブロスナンが祝福

8月25日、『007』シリーズの初代ジェームズ・ボンド、ショーン・コネリーが90歳の誕生日を迎えた。

最新ニュース ゴシップ
8月25日、『007』シリーズの初代ジェームズ・ボンド、ショーン・コネリーが90歳の誕生日を迎えた。ショーンが最後にスクリーンに登場したのは2003年の『リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い』。2006年にアメリカン・フィルム・インスティチュートから生涯功労賞を受賞した際に俳優引退宣言を行った。(その後、2012年にアニメ映画で声のみ出演)。このときに、ショーンの紹介スピーチを行い、称賛メッセージを贈ったのが5代目ボンドのピアース・ブロスナンだった。


ショーンを尊敬し続けるピアースは、ショーンの90歳の誕生日に2ショットをインスタグラムに投稿し、祝福。「サー・ショーン・コネリー、90歳の誕生日、おめでとうごさいます。『007 ゴールドフィンガー』をプトニー・ハイ・ストリートのABCシネマで観たのは1964年、ちょうど私がアイルランドから飛行機でやってきたばかりの11歳のときでした。あなたは私にとってボンドのインスピレーションでした」と思い出をふり返った。

ショーンは以前、復帰について自身のホームページで「引退を取りやめて出演する可能性があったとしたら、『インディ・ジョーンズ』の映画だっただろう。でも結局、引退後の生活が楽しくて仕方ないんだ」とコメントしたことがある。2008年の『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』でヘンリー・ジョーンズ役でカムバックの可能性があったが、実現しなかった。
《Hiromi Kaku》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top