『コンフィデンスマンJP』前作超え30億突破!長澤まさみから第3弾へのメッセージも

先日、第3弾の製作がサプライズ発表された『コンフィデンスマンJP プリンセス編』が前作『ロマンス編』を超え、観客動員220万人、興行収入30億円を突破した

映画 邦画ニュース
『コンフィデンスマンJP プリンセス編』(C)2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会
  • 『コンフィデンスマンJP プリンセス編』(C)2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会
  • 『コンフィデンスマンJP プリンセス編』(C)2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会
  • 『コンフィデンスマンJP プリンセス編』(C)2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会
  • 『コンフィデンスマンJP プリンセス編』(C)2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会
  • 『コンフィデンスマンJP プリンセス編』(C)2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会
  • 『コンフィデンスマンJP プリンセス編』(C)2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会
  • 『コンフィデンスマンJP プリンセス編』(C)2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会
  • 『コンフィデンスマンJP プリンセス編』(C)2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会
長澤まさみ、東出昌大、小日向文世が再結集し、先日、第3弾の製作がサプライズ発表された『コンフィデンスマンJP』。この度、現在公開中の『プリンセス編』が大ヒットを記録した前作『ロマンス編』を超えて観客動員220万人、興行収入30億円を突破。長澤さんらから喜びのコメントが到着した。

>>『コンフィデンスマンJP ロマンス編』あらすじ&キャストはこちらから

前作『ロマンス編』は興行収入29.7億円と惜しくも届かなかった30億円の壁を、8月27日(木)までの公開36日間で突破した本作。

先日行われた大ヒット舞台挨拶では、映画第3弾『コンフィデンスマンJP 英雄編』の製作がサプライズ発表。どうやら今作『プリンセス編』から繋がりのある物語だという情報もあり、 SNS上では「嬉しすぎるニュース!」「今から待ちきれない!」と、早くも続編を期待する子猫ちゃん(=ファンたち)の喜びのコメントで溢れている。

『コンフィデンスマンJP プリンセス編』(C)2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会
主人公・ダー子役の長澤さんは「皆々様のお陰で愛される作品となっている事心より感謝致します!!」と喜びを明かしつつ、「第3弾では、映画を盛り上げる為に色々と協力して頂くことになると思います、が!! 宜しくね~」と子猫ちゃんに向けてコメント。

『コンフィデンスマンJP プリンセス編』(C)2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会
また、ボクちゃん役の東出さんも「前作を上回る多くの方々に楽しんで頂けた事は、これ以上ない喜び」と語り、「ドラマ撮影開始時期から約3年。コンフィデンスマンの世界をこんなにも長い間応援して下さり、本当にありがとうございます」と感謝しきり。

『コンフィデンスマンJP プリンセス編』(C)2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会
リチャード役の小日向さんは「この作品をご覧になって、少しでも元気に、明るい気持ちになって頂けたら嬉しい」と語り、第3弾待ってて下さいネ!」とコメント。“コンフィデンスマン”たちの快進撃は、まだまだ止まらないといえそうだ。

広告の後にも続きます
『コンフィデンスマンJP プリンセス編』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top