大友花恋の笑顔に「天使」「女神」と絶賛の声殺到、“闇4スピンオフ”要望も…「あのコの夢を見たんです。」第7話

仲野太賀が「南海キャンディーズ」山里亮太を演じ、山里さんの“妄想”小説をドラマ化する「あのコの夢を見たんです。」。その第7話が11月13日深夜オンエアされ、ヒロイン役の大友花恋の笑顔に魅了される視聴者が続出。「天使」「女神」など絶賛の声が殺到している。

最新ニュース スクープ
「あのコの夢を見たんです。」第7話 (C) テレビ東京
  • 「あのコの夢を見たんです。」第7話 (C) テレビ東京
  • 「あのコの夢を見たんです。」第7話 (C) テレビ東京
  • 「あのコの夢を見たんです。」第7話 (C) テレビ東京
  • 「あのコの夢を見たんです。」第7話 (C) テレビ東京
  • 「あのコの夢を見たんです。」第7話 (C) テレビ東京
  • 「あのコの夢を見たんです。」第7話 (C) テレビ東京
仲野太賀が「南海キャンディーズ」山里亮太を演じ、山里さんの“妄想”小説をドラマ化する「あのコの夢を見たんです。」。その第7話が11月13日深夜オンエアされ、ヒロイン役の大友花恋の笑顔に魅了される視聴者が続出。「天使」「女神」など絶賛の声が殺到している。

「ドラマ24」枠60作目の記念作となる本作は、山里さんが実在する人気女優やアイドル、モデルたちのイメージから創作した初の短編小説「山里亮太短編妄想小説集 あのコの夢を見たんです。」のドラマ化作となり、山里さん役を仲野さんが、毎回ゲスト出演する若手女優がヒロインを演じる。


今回は「あなたの番です」や「35歳の少女」で話題の大友花恋がヒロイン役で登場。本多力、落合モトキ、古舘佑太郎らが仲野さん演じる主人公の友人役で、三宅亮輔、曽田陵介ら注目若手俳優も出演。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
山迫(仲野さん)、田串(落合さん)、桝居(本多さん)、若森(古舘さん)の男子4人組、通称“闇4”は、集まっては人の悪口を言って盛り上がっている。そんな4人にも分け隔てなく接してくるのがサッカー部のマネージャーをしている大友(大友さん)だった。そんな大友が気に入らない“闇4”は、彼女に一泡吹かせるために様々な作戦を立ててはサッカー部に嫌がらせを行い、結果サッカー部はトラブル続き。だが彼らが裏で嫌がらせしてるとも知らず大友は4人に優しい。次第に4人は大友に惹かれていくが…というのが今回のストーリー。


放送後のSNSでは「第7話には天使がいます。」「天使のスマイルにヤられました」「明るくて元気な大友花恋さんは、やはり女神」など、今回のヒロインの大友さんを“天使”“女神”と絶賛する声が続出。

「まじで笑顔が良すぎる」「大友花恋さんの笑顔素敵」など、特にその笑顔に惹かれた視聴者からの投稿が多数見受けられた。


今回は仲野さん演じる山迫の友人役として落合さん、本多さん、古舘さんもゲスト出演。彼ら演じる“闇4”にも「闇4が面白くて気になってしまう」「闇4愛しいなあ」「やば、闇4おもしろ。笑」など数多くの反応が寄せられており、「闇4、スピンオフ必要だろ!」と“闇4”メイン回の要望まで飛び出すほど大きな注目が集まった模様だ。
《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top