コロナ禍が生んだ初の全編Zoomホラー『ズーム/見えない参加者』1月公開へ

新型コロナウイルスによるロックダウン中のイギリスを舞台に、全編Zoom(ズーム)で製作された史上初のZoomホラー『HOST』が、邦題『ズーム/見えない参加者』として2021年1月15日(金)より全国公開することが決定した。

映画 洋画ニュース
『ズーム/見えない参加者』 (C)Shadowhouse Films and Boo-Urns 2020
  • 『ズーム/見えない参加者』 (C)Shadowhouse Films and Boo-Urns 2020
新型コロナウイルスによるロックダウン中のイギリスを舞台に、全編Zoom(ズーム)で製作された史上初のZoomホラー『HOST』が、邦題『ズーム/見えない参加者』として2021年1月15日(金)より全国公開することが決定した。

離れた者同士を繋げて会話を楽しんだり、打ち合わせができたり、WEB会議ツールZoomはコロナ禍に日常の一部と化した。だが、もしもそこに悪霊が取り憑いたら…。

本作ではZoomを介して死者と交信を行う「Zoom交霊会」を始めた6人の男女に、次々と不可解な現象が起こる。恐怖から逃げようにも、ロックダウン下で外には出られない! 安全なはずのステイホームも悪霊の前では意味をなさない。彼らは暗闇に潜む何かから逃れることができるのか!?

初のZoomホラーを手掛けたのは、17才で初監督を務めた『Strings』(12)が、英国インディペンデント映画賞レイダンス賞を史上最年少で受賞した逸材ロブ・サヴェッジ。企画から公開までをわずか12週間で完成させたその手法に、映画界から注目が集まっている。

全編Zoomのリハーサル中に心霊現象が…


本作の誕生のきっかけは、監督自身が友人同士で実際に行ったオンライン飲み会で、監督が仕掛けた“いたずら”。その様子を自身のTwitterに投稿したところネット上で拡散され、米最大のホラー映画配信サービスShudder(シャダー)で映画化が決定。


配信された途端、米映画レビューサイト「Rotten Tomatoes」で満足度100%を叩き出し、多数のメディアから注目され、ホラーのヒットメーカーであるジェイソン・ブラムもTwitterで「最高傑作!!!!」と絶賛した。俳優と監督&スタッフは密を回避し、全編Zoomでの撮影が行われたが、撮影前のリハーサルで行った「交霊会」で、俳優の身に実際に心霊現象が起きたとか…。

広告の後にも続きます
その模様は、本作の本編終了後に約5分間のメイキング動画として鑑賞できるので、最後まで席を立たずに要チェック。さらに、この不可解な現象が起こる“ミーティング”(映画)は料金一律1,000円で劇場から“参加”(鑑賞)できることも決定している。

『ズーム/見えない参加者』は2021年1月15日(金)より新宿ピカデリー、グランドシネマサンシャイン、シネクイントほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top