仲野太賀、“父親”になれず逃げ出す…折坂悠太の主題歌流れる予告編『泣く子はいねぇが』

第68回サン・セバスティアン国際映画祭にて最優秀撮影賞を受賞した仲野太賀主演映画『泣く子はいねぇが』より本予告編が到着した。

映画 邦画ニュース
『泣く子はいねぇが』(C)2020「泣く子はいねぇが」製作委員会
  • 『泣く子はいねぇが』(C)2020「泣く子はいねぇが」製作委員会
  • 『泣く子はいねぇが』(C)2020「泣く子はいねぇが」製作委員会
  • 『泣く子はいねぇが』(C)2020「泣く子はいねぇが」製作委員会
  • 『泣く子はいねぇが』(C)2020「泣く子はいねぇが」製作委員会
  • 『泣く子はいねぇが』(C)2020「泣く子はいねぇが」製作委員会
  • 『泣く子はいねぇが』(C)2020「泣く子はいねぇが」製作委員会
  • 『泣く子はいねぇが』(C)2020「泣く子はいねぇが」製作委員会
第68回サン・セバスティアン国際映画祭にて最優秀撮影賞を受賞した仲野太賀主演映画『泣く子はいねぇが』より本予告編が到着した。

>>『泣く子はいねぇが』あらすじ&キャストはこちらから

映像では、父親の自覚を持てないたすく(仲野さん)が、育児に疲れ果てた妻・ことね(吉岡里帆)から「なーんにも考えてないでしょ」と突き放されるシーンからスタート。ナマハゲで大失態を犯し、家族を置いて逃げるが、そこにも居場所はなかった。

『泣く子はいねぇが』(C)2020「泣く子はいねぇが」製作委員会
そして失ったものを取り戻したい一心で帰省するが、周囲の目は冷たく、再会したことねからは「再婚する」と告げられる。だが、ことねの力になりたいと食い下がるも「じゃあ払える?養育費とか、慰謝料とか」と現実を突きつけられてしまう。


本作では、数々の著名アーティストからも絶賛される音楽界の新進気鋭、折坂悠太が初めて映画主題歌と劇伴制作を手掛け、今回の予告編では書き下ろし主題歌「春」が挿入され、物語を盛り上げている。

2018年リリースの2ndアルバム「平成」がCDショップ大賞を受賞し、昨年は月9ドラマ「監察医 朝顔」の主題歌に抜擢、シーズン2の主題歌続投も決定するなど注目が集まっている折坂さん。本作へ起用されたきっかけは、撮影中、仲野さんから折坂さんの楽曲が本作の世界観にぴったりだという提案から始まったそう。

そして曲を聞いたプロデューサーや監督は、折坂さんの作品に強く惹かれ、主題歌だけでなく劇伴も依頼し、今回の起用に至った。

広告の後にも続きます
折坂さんは「どうだろう。男鹿の土の中で眠る種や幼虫は、芽吹き、這い出す自らの行く末を考えるか。ただ今を、今だと思い、うごめき、もだえているのではないだろうか。この映画は土の中を映す。芽吹く希望を今は知らない、あいつと私。それを映す。エンドロールの先に来る季節を想いながら、音を添えさせてもらいました。是非ご覧ください」とコメントを寄せている。

『泣く子はいねぇが』は11月20日(金)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top