【インタビュー】吉田羊、“最後”を意識して演じた主人公「ずっと私の中で生き続けます」

映画、ドラマ、舞台と幅広いジャンルで活躍し、出演作も多い女優・吉田羊。コミカルからシリアスまで、演じるキャラクターにしっかり感情移入できる芝居は、制作陣からも高い評価を受けている。

最新ニュース インタビュー
吉田羊「連続ドラマW コールドケース」/photo:You Ishii
  • 吉田羊「連続ドラマW コールドケース」/photo:You Ishii
  • 吉田羊「連続ドラマW コールドケース」/photo:You Ishii
  • 吉田羊「連続ドラマW コールドケース」/photo:You Ishii
  • 吉田羊「連続ドラマW コールドケース」/photo:You Ishii
  • 吉田羊「連続ドラマW コールドケース」/photo:You Ishii
  • 吉田羊「連続ドラマW コールドケース」/photo:You Ishii
  • 吉田羊「連続ドラマW コールドケース」/photo:You Ishii
  • 吉田羊「連続ドラマW コールドケース」/photo:You Ishii
映画、ドラマ、舞台と幅広いジャンルで活躍し、出演作も多い女優・吉田羊。コミカルからシリアスまで、演じるキャラクターにしっかり感情移入できる芝居は、制作陣からも高い評価を受けている。そんな吉田さんが「私にとってのホーム」と特別な作品と位置づける「連続ドラマW コールドケース」シリーズ。最新作「連続ドラマW コールドケース3 ~真実の扉~」では「もしかしたら最後かもしれない」と複雑な思いで現場に臨んだ。しかし、だからこそ見えてきたものも非常に多かったようだ。

今回が最後かもしれない……という思い


連続ドラマW「コールドケース3 ~真実の扉~」2話 (c)WOWOW/Warner Bros. Intl TV Production
吉田さん演じる神奈川県警捜査一課の刑事・石川百合をはじめ、同じ課に属する同僚を演じた永山絢斗、滝藤賢一、光石研、三浦友和の痛快なチームワークと、そんなメンバーたちがスリリングに事件を解決していく描写が魅力の本作。

2016年にシーズン1が放送されると、大きな反響を呼び、シーズン2が2018年に、そしてシーズン3が今年放送されるなど、人気シリーズとなった。

吉田さんは「台本を読んだとき、これまでのシーズンとは違う感覚がありました」と語り出すと「いままでは次があるような終わり方だったのですが、今回はなんとなく最後かもということを意識するような感じだったんです」と率直な感想を述べる。

「もしかしたら今回で『コールドケース』が終わるかもしれない」という思いでクランクインした吉田さん。そのため、各シーン一つ一つが「とても愛おしくて、終わるたびに泣きそうになってしまいました」と撮影を振り返る。

役と自分の境目が分からなくなるほどのめり込んだ


吉田羊「連続ドラマW コールドケース」/photo:You Ishii
吉田さんにとって百合という役は「私の一部になっていて、撮影が終わっても自分のなかに内包されている感じ」というほどで、役と自分の境目が分からなくなるほどのめり込んだキャラクターだったという。

ただですら思い入れが強い役。さらに今回は「最後かも」という思いが心の片隅にあった。「それを意識していたからかどうかは分かりませんが、いままで百合さんだったら抑えていただろうなという感情に対して、しっかり弱さや怒りを出せたような気がします」と百合自身の変化を述べる。

そこには、捜査一課のメンバーたちへの信頼感も大きかった。「本当に5人のバランスがいい。このドラマって、ゲストの方たちが主役であり、彼らの思いをすくい取っていくのが、私たちの役目。皆さん暗黙の了解でそれがわかっている。誰一人『俺が、俺が』という人がいないんです」。

《text:Masakazu Isobe/photo:You Ishii》

特集

関連記事

特集

page top