アナ・ジラルド&フランソワ・シヴィル、すれ違い繰り返す冒頭映像『パリのどこかで、あなたと』

SNSでは埋められない孤独や仕事に対する不安を抱える男女が、葛藤しながらも前進する姿を描く映画『パリのどこかで、あなたと』より、本編冒頭映像が到着した。

映画 洋画ニュース
『パリのどこかで、あなたと』(c) 2019 / CE QUI ME MEUT MOTION PICTURE - STUDIOCANAL - FRANCE 2 CINEMA
  • 『パリのどこかで、あなたと』(c) 2019 / CE QUI ME MEUT MOTION PICTURE - STUDIOCANAL - FRANCE 2 CINEMA
  • 『パリのどこかで、あなたと』(c) 2019 / CE QUI ME MEUT MOTION PICTURE - STUDIOCANAL - FRANCE 2 CINEMA
  • 『パリのどこかで、あなたと』(c) 2019 / CE QUI ME MEUT MOTION PICTURE - STUDIOCANAL - FRANCE 2 CINEMA
  • 『パリのどこかで、あなたと』(c) 2019 / CE QUI ME MEUT MOTION PICTURE - STUDIOCANAL - FRANCE 2 CINEMA
今週12月11日(金)に日本公開を迎える、SNSでは埋められない孤独や仕事に対する不安を抱える男女が、葛藤しながらも前進する姿を描く映画『パリのどこかで、あなたと』より、本編冒頭映像が到着した。

>>『パリのどこかで、あなたと』あらすじ&キャストはこちらから

国際色豊かな人々が暮らすパリの街で、隣り合うアパートメントで暮らすメラニー(アナ・ジラルド)とレミー(フランソワ・シヴィル)。到着した映像では、まだ知り合っていない2人が、何度もすれ違う様子が映し出されている。


電車で隣同士に座る2人の場面から始まり、がんの免疫治療の研究者であるメラニーが同僚に悩みを打ち明け、一方倉庫で働くレミーは、ロボットの導入により人事異動が行われることになり、「昇進を頼んでやった」と上司から声をかけられるが、自分だけが昇進することを同僚たちに言えず仕舞い。

また、仕事からの帰り道も、気づかないまま同じ電車に乗る2人。隣同士のアパートメントへと帰っていき、美しいサクレクール寺院を背に、それぞれの部屋のバルコニーで物思いにふける場面で映像は終わってしまう。冒頭からニアミスを繰り返す2人の人生が交わることはあるのか? この続きが気になる映像となっている。

『パリのどこかで、あなたと』(c) 2019 / CE QUI ME MEUT MOTION PICTURE - STUDIOCANAL - FRANCE 2 CINEMA
『パリのどこかで、あなたと』は12月11日(金)よりYEBISU GARDEN CINEMA、新宿シネマカリテほか全国にて順次公開。
《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top