家が欲しかっただけなのに…ジェシー・アイゼンバーグ主演『ビバリウム』トラウマ予告

ジェシー・アイゼンバーグ主演の精神が崩壊する極限のラビリンス・スリラー映画『ビバリウム』より、予告編とビジュアルが到着した。

映画 洋画ニュース
ジェシー・アイゼンバーグ主演の精神が崩壊する極限のラビリンス・スリラー映画『ビバリウム』より、予告編とビジュアルが到着した。

本作は、新居を探す若いカップルが不動産屋に紹介された住宅地から抜け出せなくなる、謎多き恐怖のラビリンス・スリラー。ジェシー・アイゼンバーグとイモージェン・プーツがそんなカップルを演じ、住宅地から出られなくなった上、誰の子か分からない赤ん坊を育てることになってしまう。

『ビバリウム』 (C) Fantastic Films Ltd/Frakas Productions SPRL/Pingpong Film
到着した映像では、夢のマイホームを探すカップル、トムとジェマのシーンからスタート。不動産業者に案内され、早速見学することになるが、これが悪夢の始まりとなる…。

全く同じ姿かたちの家が並び、人気のないYonder(ヨンダー)と呼ばれる住宅街の“9番”宅へ案内された2人は、案内人を気味悪がり帰ろうとするが、いくら進んでも戻って来てしまう。そしてある日、突然送られてきたのは、生後間もない赤ん坊。「育てれば解放される」というメッセージが書かれており、ここから2人の“強制育児”がスタートする。

またこの子どもは、異様なスピードで成長。さらに、不気味な映像が流れるテレビを凝視したり、急に奇声を発したりと奇行が目立つようになる。

そして、なんとかこの住宅街から抜け出そうと試みるが、変わらず静けさに包まれたまま。次第に2人の精神が崩壊し狂っていく姿も覗ける。


また、ラビリンスを象徴するビジュアルも完成。正面には戸惑う表情のトムと赤ん坊を抱えるジェマの姿が写し出されている。さらに背後には、“悪夢”となるマイホームが並び、このビジュアル自体も無限に繋がっているかのような不気味な1枚となっている。

『ビバリウム』(C)Fantastic Films Ltd/Frakas ProductionsSPRL/Pingpong Film
『ビバリウム』は2021年3月12日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top