「もっと見たかった」…続編希望の声多数、高橋一生主演「岸辺露伴は動かない」3話

「ジョジョの奇妙な冒険」のスピンオフ原作を高橋一生主演で実写ドラマ化した「岸辺露伴は動かない」の3話「D.N.A」が12月30日放送。早速SNSでは「もっと見たかった」「大河にしちゃえばよくない?」など続編希望の声があふれている。

最新ニュース スクープ
「岸辺露伴は動かない」(C)NHK
  • 「岸辺露伴は動かない」(C)NHK
  • 「岸辺露伴は動かない」(C)NHK
  • 「岸辺露伴は動かない」(C)NHK
  • 「岸辺露伴は動かない」(C)NHK
  • 「岸辺露伴は動かない」(C)NHK
  • 「岸辺露伴は動かない」(C)NHK
「ジョジョの奇妙な冒険」のスピンオフ原作を高橋一生主演で実写ドラマ化した「岸辺露伴は動かない」の3話「D.N.A」が12月30日放送。早速SNSでは「もっと見たかった」「大河にしちゃえばよくない?」など続編希望の声があふれている。

1986年から連載が続き、アニメ化やゲーム化はもちろん、2017年には実写化もされた超人気コミック「ジョジョの奇妙な冒険」。同作の4部に登場するキャラクターである岸辺露伴を主人公にしたスピンオフ作品である同名原作を実写ドラマ化した本作。

「岸辺露伴は動かない」(C)NHK
ちょっと風変わりで、リアリティを何よりも重んじる漫画家・岸辺露伴に高橋さん、露伴の担当編集者である泉京香に飯豊まりえ。6年前事故に遭い記憶を失った平井太郎に中村倫也といったキャストが出演。また2話「くしゃがら」には漫画家仲間の志士十五役で森山未來も登場した。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
「岸辺露伴は動かない」(C)NHK
前回、「くしゃがら」に憑りつかれた十五を“ヘブンズ・ドアー”で救った露伴。十五の変わりように驚く京香に露伴は“催眠術”を使ったと説明したが、それを聞いた京香は付き合っている平井太郎の記憶を“催眠術”で探って欲しいと頼んでくる。太郎は著名な写真家だったが6年前交通事故に遭い、一命を取り留めたものの完全な社会復帰に至っていなかった。

京香が露伴に太郎を紹介していると、バギーに女の子を乗せた片平真依が通りかかる。すれ違いざまバギーの奥から娘・真央の手が伸び太郎の裾を掴み転倒させてしまう…というのが今回のおはなし。

「岸辺露伴は動かない」(C)NHK
真依の夫も6年前、太郎が事故に遭ったのと同時期に交通事故で亡くなっており、真依の夫の臓器が太郎に移植されていた。真央は太郎が父の“遺伝子”を受け継いだ存在だと気づき、彼の裾を掴んだらしい。太郎に亡くなった“夫”を感じる真依。新たな居場所を見つけた太郎は真依と真央と共に新たな道を歩み出す…というラストだった。

別冊マーガレット掲載の原作版を大胆にアレンジしたストーリーに「最終話内容結構変わってるけどそれでもあ~そういうことね!(納得)ってなる」「些細な仕草にDNAの片鱗を観る実写、まじ演出素晴らしい」「原作知識なくても見られるぐらいのアレンジを加えつつ、漫画の内容をしっかり踏襲している。原作勢からしても大満足」など、原作ファンからも絶賛の声が殺到。

また3話を通してアニメ版で岸辺露伴を演じた櫻井孝宏が声で出演。3話では病院のアナウンスを担当したが「櫻井孝宏はどこに現れるかをワクワクしながら待っている」「岸辺露伴は動かない、櫻井孝宏を探せも兼ねている」など、“櫻井さん探し”を楽しむ視聴者の姿も。

「各話が見応えあるし、3話で終わらずもっと見たかった」「まじで岸辺露伴は動かない続編やってくれ」「もう岸辺露伴は動かないを大河にしちゃえばよくない?」など続編希望の声も多数寄せられている。
《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top