石原さとみ主演、“家族の絆”描く新春ドラマSP「人生最高の贈りもの」放送

石原さとみ主演、「姉ちゃんの恋人」の岡田惠和オリジナル脚本で、余命宣告をうけた女性と彼女を取り巻く家族の絆を描いていく新春ドラマスペシャル「人生最高の贈りもの」が1月4日(月)オンエアされる。

最新ニュース スクープ
「人生最高の贈りもの」(C)テレビ東京
  • 「人生最高の贈りもの」(C)テレビ東京
  • 「人生最高の贈りもの」(C)テレビ東京
  • 「人生最高の贈りもの」(C)テレビ東京
  • 「人生最高の贈りもの」(C)テレビ東京
  • 「人生最高の贈りもの」(C)テレビ東京
  • 「人生最高の贈りもの」(C)テレビ東京
  • 「人生最高の贈りもの」(C)テレビ東京
  • 「人生最高の贈りもの」(C)テレビ東京
石原さとみ主演、「姉ちゃんの恋人」の岡田惠和オリジナル脚本で、余命宣告をうけた女性と彼女を取り巻く家族の絆を描いていく新春ドラマスペシャル「人生最高の贈りもの」が1月4日(月)オンエアされる。

『北の零年』と『シン・ゴジラ』で日本アカデミー賞を受賞、「リッチマン、プアウーマン」「失恋ショコラティエ」「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」など数々のドラマが話題となり、2018年放送の「アンナチュラル」でも数々の賞に輝いた石原さん。そんな石原さんのテレビ東京ドラマ初主演作となる本作。

「人生最高の贈りもの」(C)テレビ東京
脚本を手掛けるのは、連続テレビ小説「ひよっこ」や日曜劇場「この世界の片隅に」、先日まで放送された「姉ちゃんの恋人」も話題を呼んだ岡田さん。「姉ちゃんの恋人」放送後にはその“優しい世界”に魅了された視聴者からの声がSNSにあふれたのは記憶に新しい。

元大学講師の翻訳家・笹井亮介は、妻に先立たれ一人暮らしとなったいまは、家事も料理も完璧にこなすが、仕事は自由奔放。〆切を守らない亮介に、担当編集者はいつも隣で頭を抱えていた。一方、亮介の一人娘・ゆり子は、長野ののどかな町で亮介の元教え子で教師の夫と暮らしていた。ところがある日、ゆり子が父のもとに帰ってくる。これまで父と娘の会話をろくにしてこなかったため、2人の間にはぎこちない雰囲気が漂う。こうして始まった父と娘の2人暮らし。緊張しつつも温かく穏やかに過ぎていくが、実は娘に残された時間はわずかだった――。

「人生最高の贈りもの」(C)テレビ東京
自身の余命がわずかであることを知り、父のもとに帰省。父と最期の2人暮らしをすることとなるゆり子を石原さんが演じ、ゆり子の父親で元大学講師の翻訳家、久々に暮らすことになったゆり子に戸惑いながらも不器用な愛情を持って接していく笹井亮介には寺尾聰。

「人生最高の贈りもの」(C)テレビ東京
亮介の元教え子で、今は英語教師をしているゆり子の夫・田渕繁行には向井理。締め切りを守らない亮介に頭を抱える亮介の担当編集者、野村には勝地涼。また笹井家のご近所さん、原口光代にはキムラ緑子。亮介の古くからの友人、田辺正一には角野卓造といったキャスト。

「人生最高の贈りもの」(C)テレビ東京
新春ドラマスペシャル「人生最高の贈りもの」は2021年1月4日(月)20時~テレビ東京系にて放送。地上波放送終了後ひかりTVで配信。
《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top