ジェームズ・マースデン、『マジック・マイク』の出演オファーを断った理由を明かす

ジェームズ・マースデンが、ジェームズ・コーデンがホストを務める「The Late Late Show」に出演。

最新ニュース ゴシップ
ジェームズ・マースデン Photo by Amanda Edwards/WireImage
  • ジェームズ・マースデン Photo by Amanda Edwards/WireImage
  • 『マジック・マイク』の主演チャニング・テイタム-(C)Getty Images
  • ジェームズ・マースデン-(C) Getty Images
ジェームズ・マースデンが、ジェームズ・コーデンがホストを務める「The Late Late Show」にリモート出演。過去にチャニング・テイタム主演作『マジック・マイク』の出演オファーを断った理由を明らかにした。

「本編からカットされたらどうしようと、怖かったんだ。すべてのセリフがカットされ、Tバックで走り回っているエキストラになってしまったら…と思って。ぼくには勇気がなかった」と語った。

元ストリッパーのチャニングの実話を基に製作された『マジック・マイク』は、チャニングや脚本家らも予想外の大ヒットを記録。男性ストリッパーたちが主役なだけに、チャニング、マシュー・マコノヒー、アレックス・ぺティファー、マット・ボマーらが露出多めの肉体美をさらけ出し、観客の熱い視線を集めた。

ジェームズの家族や友人たちは、「そういう役を演じるジェームズを見たくなかった」ため、『マジック・マイク』に出演しなかったのは「正しい決断だった」と感じているという。「まぁ、参加して楽しんでしまうこともできたんだろうけど」と笑った。

《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top