玉森裕太の“子犬ぶり”&ラストのおでこキスに視聴者胸キュン…「オー!マイ・ボス!」3話

上白石萌音が新人編集者に扮し、菜々緒が鬼編集長、「Kis-My-Ft2」玉森裕太が“子犬男子”カメラマンを演じる「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」の3話が1月27日放送。玉森さんの“子犬ぶり”とラストのおでこキスに胸キュンする視聴者が相次いでいる。

最新ニュース スクープ
「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第3話(C)TBS
  • 「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第3話(C)TBS
  • 「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第3話(C)TBS
  • 「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第3話(C)TBS
  • 「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第3話(C)TBS
  • 「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第3話(C)TBS
  • 「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第3話(C)TBS
  • 「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第3話(C)TBS
  • 「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第3話(C)TBS
上白石萌音が新人編集者に扮し、菜々緒が鬼編集長、「Kis-My-Ft2」玉森裕太が“子犬男子”カメラマンを演じる「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」の3話が1月27日放送。玉森さんの“子犬ぶり”とラストのおでこキスに胸キュンする視聴者が相次いでいる。

本作は上白石さん演じる「仕事も恋愛もほどほどに。人並で普通の幸せを手にしたい」というイマドキ安定志向の鈴木奈未が、幼なじみで片想い中の男性を追いかけ、東京の大手出版社・音羽堂出版の備品管理部の面接を受けるも、新たに創刊されるファッション誌「MIYAVI」編集部に配属されてしまう。

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第3話(C)TBS
そこで奈未が出会うのが、30歳の若さで雑誌「マリ・クレール」ヨーロッパ初の日本人編集長に就任、「MIYAVI」創刊のためにパリから帰国した24時間仕事モードなバリキャリ超ドS鬼編集長の宝来麗子。奈未は麗子に雑用係としてこき使われることに…。

そんななか奈未は面接時に出会った子犬系イケメンカメラマンの潤之介と再会。仕事のピンチを救われるのだが、潤之介から“恋人のふりをして欲しい”と頼まれる。口裏を合わせて彼の姉に会いに行くのだが、なんと潤之介の姉は麗子で…。

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第3話(C)TBS
麗子を菜々緒さんが、麗子の弟・潤之介を玉森さんが、「MIYAVI」編集部員として間宮祥太朗、久保田紗友といった顔ぶれが出演。さらに音羽堂出版の副社長・宇賀神慎一にユースケ・サンタマリア。麗子にライバル心を燃やす高橋麻美に高橋メアリージュンといったキャストも共演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第3話(C)TBS
今回は「MIYAVI」創刊号の校了が1週間後に迫るなか、中沢(間宮さん)が強い思い入れを抱くモデルで柔道家の瀬尾光希のインタビューを麗子が差し替えるよう命じ、指示に納得がいかない中沢ら編集部員が仕事をボイコットする。そんななか潤之介から自身の写真展の案内状を渡された奈未は、仕事中も潤之介のことが頭から離れなくなっていて…という展開に。

奈未の妄想のなかで白い耳をつけ「ワン」と吠えるなど圧巻の“子犬”ぶりを発揮する潤之介…玉森さんの“子犬”ぶりに「振り向いて”わんっ”っていう玉森くん可愛いがすぎる」「あれは本当に子犬だ…かわいすぎ」といった声が相次ぐ。

ラストでは潤之介の個展を見て「変な写真ばかり」と素直な感想を伝えた奈未に、周囲から“お世辞”ばかり言われ続けてきた潤之介が心動かされ、手を取りおでこにキス…「玉森くんと萌音ちゃんのシルエット綺麗」「毎話のラストに胸キュンシーンが盛り込まれる」「今日もキュンを超えてブルキュンしました」などの反応が続々とSNSに上がっている。
《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top