新川優愛、藤ヶ谷太輔の“元恋人”役に「華麗なる一族」オールキャスト解禁

中井貴一主演で、何度も映像化されてきた山崎豊子の傑作小説をドラマ化する連続ドラマW「華麗なる一族」。これまで向井理と藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)をはじめとするメインキャストが明らかになってきたが、今回さらに8人の俳優が出演決定、オールキャストが解禁となった。

最新ニュース スクープ
連続ドラマW「華麗なる一族」
  • 連続ドラマW「華麗なる一族」
  • 連続ドラマW「華麗なる一族」
  • 「連続ドラマW 華麗なる一族」
  • 連続ドラマW「華麗なる一族」
  • 山崎豊子『華麗なる一族』(新潮文庫刊)
  • 山崎豊子『華麗なる一族』(新潮文庫刊)
  • 山崎豊子『華麗なる一族』(新潮文庫刊)
中井貴一主演で、何度も映像化されてきた山崎豊子の傑作小説をドラマ化する連続ドラマW「華麗なる一族」。これまで向井理と藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)をはじめとするメインキャストが明らかになってきたが、今回さらに8人の俳優が出演決定、オールキャストが解禁となった。

大阪万博を間近に控えた日本の高度経済成長期、富と権力獲得の手段として、関西の政財界で閨閥(けいばつ)を張り巡らす阪神銀行の頭取・万俵大介を中心に、一族の繁栄と崩壊が描かれる本作。

「連続ドラマW 華麗なる一族」
まず、大介(中井さん)の息子・娘に関わる人物として、次男・銀平(藤ヶ谷さん)とかつて深い関係にあった女性画家・小森章子役には新川優愛、二子(松本穂香)が閨閥結婚相手として見合いをすることになる細川一也役は「Kis-My-Ft2」の宮田俊哉

次に阪神銀行で大介の側近となる融資担当・渋野常務を堀部圭亮、経理担当・大亀専務を井上肇、そして大介の秘書・速水英二を細田善彦が演じる。

さらに、その阪神銀行と関わる面々で、大同銀行の専務・綿貫千太郎役を六角精児、阪神特殊製鋼の専務・銭高孫六を甲本雅裕、そして大蔵省の金融検査官・田中松夫を温水洋一と、個性派かつ実力派役者陣ががっちりと脇を固める。

それぞれ、どんな人物?


連続ドラマW「華麗なる一族」
■小森章子(新川優愛)
銀平の元恋人で画家の卵。万俵家の縁組みのルールが障害となり2人は結婚に踏み切ることができなかった。章子は銀平のもとを去り、絵を勉強しにパリへ発った。兄・鉄平(向井理)がシカゴに出張に行った際に、個展を開く予定の章子と邂逅し、銀平のいまを章子に告げる。

■細川一也(宮田俊哉)
佐橋総理婦人の甥。東大法学部卒、業界大手の帝国製鉄秘書課勤務のエリート社員。外務官僚の小泉夫人の遠縁で、美馬中(要潤)と相子(内田有紀)によって二子と見合いをすることに。容姿端麗、博学多識で縁談相手としては申し分ないが、知識をひけらかすところが玉に瑕。細川自身は好意を持っている様子だが、二子の気持ちは…?

■綿貫千太郎(六角精児)
大同銀行専務。大同銀行は生え抜き派と日銀からの天下り派に分かれており、あからさまに態度には出さないが、生え抜き派の綿貫は新頭取の三雲(石黒賢)をはじめとする天下り派を疎んでいた。三雲が鉄平(向井理)率いる阪神特殊製鋼に肩入れしていることを快く思っていない。

■銭高孫六(甲本雅裕)
阪神特殊製鋼常務。元阪神銀行本店の融資部長で、大介の意を受けて、阪神特殊製鋼の経理担当役員として送り込まれた。高炉建設に関して予算面での折り合いが付けられるか疑問に思っており、不安を吐露する。財政面に絶えず眼を光らせながら、逐一、阪神銀行へ報告している。

■田中松夫(温水洋一)
大蔵省銀行局の官僚。金融検閲を予告なしに検査し、徹底的に内容を洗い出す金融検査官。美馬よりも年上であったが、東大出のキャリア組の美馬とは違い、ノン・キャリア組で、2人の間には主計局次長と検査官という大きな隔たりがある。美馬は大介に預金高中位の銀行の経営内容を洗うよう言われ、あることを条件に田中に各行の検査報告のコピーを極秘に渡すよう頼む。

■渋野(堀部圭亮)
阪神銀行常務、融資担当。阪神銀行の体質改善を図るためという名分で、能力厳選主義で選び抜かれ、抜擢されたエキスパート。貸付をしている太平スーパーの資金不足の問題に銀平とともに対峙する。

■大亀(井上肇)
阪神銀行専務、経理担当。大介が人間的な弱さを安心して露呈できる存在。企業のトップとして決断に迷う時、不安に襲われるとき、また銀行の頭取という品位が問題にされそうなとき、大介は大亀を呼んで心中を吐露する。

■速水英二(細田善彦)
阪神銀行頭取の秘書。銀平と同い年、同じ大学で経済を学び、同期で阪神銀行に入社。銀平と速水は行内では営業の貸付課と秘書課に分かれ、ほとんど言葉を交わすこともなかったが、銀行の外で顔を合わせれば、友人同士の親しい言葉を交わし合う間柄。優れた知性と情感を兼ね備えており、大介からの信頼もある。

ストーリー


高度経済成長期の日本。預金高10位にランクされる阪神銀行のオーナー頭取、万俵大介(中井貴一)は、銀行のほかにも多くの事業を手掛ける万俵コンツェルンの総帥。大介は長女・一子(美村里江)の夫である大蔵省エリート官僚の美馬から、都市銀行再編の動きを聞きつけ、生き残りを目指し大手銀行を吸収合併しようと画策する。

その一方で、万俵家には、大介の妻・寧子(麻生祐未)と阪神銀行と同じく万俵コンツェルンを支える柱の一つである阪神特殊製鋼の専務取締役の長男・鉄平(向井理)、阪神銀行に勤める次男・銀平(藤ヶ谷太輔)、次女・二子(松本穂香)、三女・三子(福本莉子)のほかに、大介の愛人・相子(内田有紀)が長く同居。家庭内で大きな力を持ち、万俵家の閨閥づくりを推し進める相子の存在を鉄平たちは疎ましく思っていた。さらに鉄平は、悲願としていた高炉建設の融資をめぐって大介と対立し、2人は確執を深めていく。

連続ドラマW「華麗なる一族」は4月18日より毎週日曜日22時~WOWOWプライムにて放送(全12話/第1話無料放送)、WOWOWオンデマンドにて配信。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top