ティモシー・シャラメがCMで『シザーハンズ』の息子に! “母”はもちろんウィノナ・ライダー

毎年、アメフトの祭典「スーパーボウル」では試合が盛り上がるのはもちろんのこと、放送されるCMも話題になる。

最新ニュース ゴシップ
毎年、アメフトの祭典「スーパーボウル」では試合が盛り上がるのはもちろんのこと、放送されるCMも話題になる。今年は人気俳優ティモシー・シャラメが、「キャデラック」のCMで『シザーハンズ』のエドワード・シザーハンズ&キムの息子エドガーを演じて話題沸騰! キム役はウィノナ・ライダーが再演しているが、残念ながらエドワード役のジョニー・デップは“不在”だ。

CMは、キムの「これはシザーハンズ(ハサミの手)を持つ少年の物語。違う違う、“あの人”ではなくて…この子。私の息子のエドガーの話です」というナレーションから始まる。


父エドワードから受け継いだシザーハンズを持つエドガーの日常には困難がいっぱい。バスで降車を知らせる紐を引っ張ろうとすれば切ってしまうし、フットボールではキャッチしたボールに穴を開けてしまう。バイト先でも一苦労。

表情を曇らせがちな息子を喜ばせようと、キムはキャデラックの電気自動車「LYRIQ」をプレゼントする。同車にはハンズフリーでの自動運転支援システムを搭載しているため、エドガーでも運転できるのだ。喜んだエドガーは車を走らせ、初めて笑顔を見せる…というストーリー。

ウィノナは、「ティモシーが私の息子、エドガーを演じるだなんて本当に夢のようだった。ティモシーは本当に素晴らしい子。才能があるしやさしい。すぐに仲良くなった」と「Variety」誌に語っている。

《賀来比呂美》
賀来比呂美

休日は猫とお酒と海外ドラマ♪ 賀来比呂美

大学で映画学を専攻、卒論のテーマに『ガタカ』を取り上げる。卒業後は映画やドラマのロケ地で有名なバンクーバーに留学し、街中に溶け込むベニチオ・デル・トロやアイス・キューブを見かけて大興奮。映画三昧の生活を送る。帰国後、数社を経て雑誌編集者として出版社に勤務。シニアの愛猫と過ごす時間を増やすべく、2016年からフリーランスライターに。執筆ジャンルは映画、音楽、ペットなど。人の話を聞くのが大好きで、俳優、ピアニスト、医師など数百名への取材経験あり。

特集

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top