玉森裕太“潤之介”のプロポーズに「潔い」「シンプル」の声、上白石萌音“奈未”の気持ちに寄り添う反応も…「ボス恋」8話

上白石萌音主演、菜々緒、玉森裕太らが共演する「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」の8話が3月2日オンエア。遊園地デートでの潤之介の“プロポーズ”に感動の声が上がるなか、潤之介の想いに対する奈未の心境にも様々な反応が寄せられている。

最新ニュース スクープ
「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第8話(C)TBS
  • 「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第8話(C)TBS
  • 「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第8話(C)TBS
  • 「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第8話(C)TBS
  • 「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第8話(C)TBS
  • 「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第8話(C)TBS
上白石萌音主演、菜々緒、玉森裕太らが共演する「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」の8話が3月2日オンエア。遊園地デートでの潤之介の“プロポーズ”に感動の声が上がるなか、潤之介の想いに対する奈未の心境にも様々な反応が寄せられている。

「仕事も恋愛もほどほどに。人並で普通の幸せを手にしたい」というイマドキ安定志向の鈴木奈未を上白石さんが演じ、熊本から上京、東京の大手出版社・音羽堂出版に就職した奈未が配属された新創刊のファッション誌「MIYAVI」の24時間仕事モードなバリキャリ超ドS鬼編集長・宝来麗子に菜々緒さん。麗子の弟で奈未と付き合うことになるカメラマンで“子犬系男子”の潤之介に玉森さん。

奈未に惹かれ告白、潤之介の“恋敵”となる「MIYAVI」編集部員・中沢涼太に間宮祥太朗。麗子と「MIYAVI」存続のために動く音羽堂出版副社長・宇賀神慎一にユースケ・サンタマリア。麗子とはライバル関係の高橋麻美に高橋メアリージュン。潤之介の元恋人で難病を患った蓮見理緒に倉科カナといったキャストが出演する。

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第8話(C)TBS
※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
COACHとMIYAVI、ISOBEの3社コラボ化粧水プロジェクトが動き始める「MIYAVI」だが、週刊誌に麗子の“パワハラ”記事が掲載。結局音羽堂出版は吸収され、「MIYAVI」自体は存続することになったものの、パワハラ記事が出たことで麗子は編集長を辞めることに…。

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第8話(C)TBS
潤之介はカメラマンを辞め実家を継ぐことを決め、奈未を遊園地デートに誘う。こっそり貸し切りにしたスケートリンクでプロポーズする潤之介。喜び奈未だが「一緒に金沢に来てほしい」という潤之介の言葉に複雑な笑顔を見せる…というのが今回のおはなし。

スケート初心者で全然滑れない奈未に対し、流れるように美しい滑りを見せる潤之介に「さすが潤之介!!スケートが上手い」「さすがKis-My-Ft2玉森裕太」などの声が上がる一方、その後のプロポーズには「潔い潤之介のプロポーズもかっこよかった」「プロポーズの言葉シンプルで良いよね」などの反応と同時に、「奈未ちゃんの浮かない表情だけがちょっと気になるけど…」「もし第1話の奈未ちゃんだったら二つ返事でプロポーズ受けただろうな。でも生き甲斐を持ってしまった今は」と、“潤之介か仕事か”の選択を迫られる奈未の気持ちに想いを巡らせたコメントも多数投稿される。

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第8話(C)TBS
また「奈未ちゃんのボスは麗子さん1人。麗子さんが宝来製紙の社長になったらいい」「麗子さんが社長になって、奈未ちゃんが秘書やればいいよ」など「MIYAVI」編集部を去る麗子に“実家を継いでほしい”という声も多数。「しかし麗子さんが責任編集辞めたらMIYAVIがMIYAVIじゃなくなるのでは」「吸収合併されて麗子が編集長でなくなれば継ぐ可能性も出てくるけど、それだとハッピーエンドではない」など様々な意見が上がっている。
《笠緒》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top