『青空エール』『劇場版 そして、生きる』上映も「STARDUST DIRECTORS film fes.」開催

三木孝浩監督や月川翔監督などスターダストグループに属するマネジメントレーベルが、「STARDUST DIRECTORS film fes. 2021」を開催。若手監督発掘のためにショートフィルムコンペティションを行い、合わせて『青空エール』「劇場版 そして、生きる」などを上映。

映画 邦画ニュース
STARDUST DIRECTORS film fes. 2021
  • STARDUST DIRECTORS film fes. 2021
  • 三木孝浩
  • 月川翔
  • 『青空エール』(C)2016 映画「青空エール」製作委員会  (C)河原和音/集英社
  • 『劇場版 そして、生きる』(C)2019 WOWOW
三木孝浩監督や月川翔監督などスターダストグループに属するマネジメントレーベル「STARDUST DIRECTORS」が、9月19日(日)、20日(月・祝)の2日間、渋谷ユーロライブにて「STARDUST DIRECTORS film fes. 2021」を開催。若手監督発掘のために一般から短編作品を募集するショートフィルムコンペティションを行い、合わせて『青空エール』や『劇場版 そして、生きる』などを上映する。

2017年からスタートした本イベントは、「STARDUST DIRECTORS」所属監督の作品上映はもちろん、昨年に続きショートフィルムコンペティションを行い、厳正なる審査を経て絞り込まれた上位4作品を「STARDUST DIRECTORS film fes. 2021」で上映する。さらに、今年も第一線で活躍する映画プロデューサーや脚本家を審査員として招き、1名のグランプリ受賞者を選出する。

グランプリ受賞者には<STARDUST賞>として、スターダストグループ全面バックアップのもと<ショートフィルム>と<ミュージックビデオ>を監督するチャンスが与えられる。次世代の商業映画業界を担う若手監督の発掘を目指している。

「STARDUST DIRECTORS」とは?


三木孝浩三木孝浩
2020年に大ヒットを記録した『きみの瞳(め)が問いかけている』を監督し、2021年には『夏への扉 -キミのいる未来へ-』の公開を控える青春映画の名手・三木孝浩。記憶に新しい大ヒット映画『君の膵臓をたべたい』を監督し、昨年岡田惠和がオリジナル脚本を手掛けたヒューマンラブストーリー「連続ドラマW そして、生きる」(WOWOW)を監督し、劇場版も公開されるほど注目をを集めた・月川翔

月川翔月川翔
2020年公開の映画『ジオラマボーイ・パノラマガール』を監督した瀬田なつき。2018年社会現象にもなったドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日)の演出に参加し、「書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~」(テレビ朝日)でも大きな爪痕を残した新鋭・YukiSaito

ベトナムで製作した映画『サイゴン・ボディガード』が『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』を抑えて初週1位を獲得した後、映画『パパとムスメの7日間』をベトナムで実写化、またしても爆発的大ヒットを叩き出した落合賢。TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2016準グランプリ受賞作品をムロツヨシ初主演で映画化する映画『マイ・ダディ』の公開を控える金井純一。次々に活躍の場を増やす中島良吉野主らが所属している。

STARDUST DIRECTORS film fes. 2021
さらに、新たに所属が決定した若手監督からも目が離せない。17歳で撮影した映画が新人監督の登竜門といわれる「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」で審査員特別賞と観客賞ダブル受賞し、“天才女子高生映画監督”と話題をさらった後、映画『21世紀の女の子』やドラマ「平成物語」、ドラマ「あのコの夢を見たんです。」など数々のキャリアを積み上げ、2022年北村匠海主演の映画『明け方の若者たち』の公開を控えている現役大学生映画監督・松本花奈

川崎僚竹内里紗八重樫風雅山元環堀江貴大など若手監督の勢いも止まらない。

『青空エール』ほか上映作品に期待!監督×豪華ゲストのティーチインも


『青空エール』(C)2016 映画「青空エール」製作委員会  (C)河原和音/集英社
今年の「STARDUST DIRECTORS film fes. 2021」では、昨年に続き、所属監督の長編や短編作品を上映。三木監督は、2016年に公開された映画『青空エール』を上映。2008年の連載開始当初から人気を博し、2015年に惜しまれつつも堂々のフィナーレを迎えた河原和音の同名漫画を実写映画化。「好きな人の夢を全力で応援したい」、支えあい、惹かれあい、成長する2人の姿を描く青春傑作ストーリーで、吹奏楽部でトランペットを始めたヒロインには土屋太鳳、甲子園を目指し奮闘する野球部員を竹内涼真が演じている。

また、月川監督の上映作は『劇場版 そして、生きる』。NHK連続テレビ小説「ひよっこ」など数々のヒューマンドラマを執筆してきた脚本家・岡田惠和が紡いだオリジナルストーリー。2019年WOWOW連続ドラマWで放送され「まるで映画作品のようだ」「ひとりでも多くの人に観てもらいたい」という熱烈な声に答え、再編集を施すことで満を持して映画化された。有村架純演じる気仙沼でボランティア活動に参加する瞳子と、坂口健太郎演じる学生ボランティア団体の運営メンバーである東京の大学生・清隆が、気仙沼での日々を共に過ごす中でやがて互いに特別な感情を抱いていくという物語。

『劇場版 そして、生きる』(C)2019 WOWOW
他上映作品もジャンルは様々。全ての上映作品は今後、発表されていく模様。さらに上映後には、毎年恒例監督×豪華ゲストによるティーチインも実施予定。豪華ゲストは完全シークレットで、当日来場者のみ知ることができるサプライズとなっており、ティーチインでは準備の期間から公開に至るまでの様々な思いやエピソードをふり返り、観客からの質問にも答える。

若手監督発掘プロジェクト作品募集


ショートフィルムコンペティション部門では、30分以内の短編作品を募集し、審査員の厳正なる審査により上位4作品を決定。上位4作品は<STARDUST DIRECTORS film fes. 2021賞>としてイベント内でスクリーン上映。

3回目となる今年の審査員メンバーには、『思い、思われ、ふり、ふられ』を手掛ける岸田一晃プロデューサー(東宝)、『ホットギミック ガールミーツボーイ』を手掛ける高橋直也プロデューサー(東映)、『弱虫ペダル』を手掛ける寺西史プロデューサー(松竹)に決定。昨年に引き続き、連続テレビ小説「わろてんか」の脚本を務めた吉田智子(脚本家)の参加も決定し、商業映画界の第一線で活躍するプロデューサーやクリエイターによる厳正なる審査が行われる。

4月1日(木)12時~5月31日(月)23時59分まで、専用応募フォームからWEB応募のみ可能。

「STARDUST DIRECTORS film fes. 2021」は9月19日(日)、20日(月・祝)、渋谷・ユーロライブにて開催。
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top