井上祐貴&萩原利久&木下彩音、高校生と25歳の演じ分け写真到着 予告編も『Bittersand』

過去からの再生を描く映画『Bittersand』より、井上祐貴、萩原利久、木下彩音の3人がそれぞれ“高校生”と“25歳”を演じ分けたビジュアルが到着。併せて予告編も公開された。

映画 邦画ニュース
暁人『Bittersand』(C)Bittersand 制作委員会
  • 暁人『Bittersand』(C)Bittersand 制作委員会
  • 絵莉子『Bittersand』(C)Bittersand 制作委員会
  • 井葉『Bittersand』(C)Bittersand 制作委員会
  • 暁人『Bittersand』(C)Bittersand 制作委員会
  • 暁人『Bittersand』(C)Bittersand 制作委員会
  • 絵莉子『Bittersand』(C)Bittersand 制作委員会
  • 絵莉子『Bittersand』(C)Bittersand 制作委員会
  • 井葉『Bittersand』(C)Bittersand 制作委員会
過去からの再生を描く映画『Bittersand』より、井上祐貴、萩原利久、木下彩音の3人がそれぞれ“高校生”と“25歳”を演じ分けたビジュアルが到着。併せて予告編も公開された。

>>『Bittersand』あらすじ&キャストはこちらから

何者かが描いたクラスの男女の爛れた相関図によって、誹謗中傷の的となり、日常が暗転した暁人(井上さん)と絵莉子(木下さん)。そして悪友・井葉(萩原さん)。ビジュアルでは、制服姿の高校時代と、大人の雰囲気感じられる25歳の姿を比較することができる。

まず井上さんは、ヘアスタイルの変化だけでなく「声のトーンを少し変えるように意識しました」と明かし、加えて「親友の井葉とのシーンでは、学生の頃の仲の良さと社会人になってからの仲の良さを比べた時、社会人の方はより一緒に居ることに慣れてる風に見える様にと思って演じました」と井葉との親密さでも時間経過を創出。

暁人『Bittersand』(C)Bittersand 制作委員会
一方、井葉に扮した萩原さんは「いい意味で、井葉はあまり変えないことを意識しました。見た目はかなり変化しているのに、中身はそこまで大きく成長してない。というのが井葉らしいのかなと思いました。変わりすぎないことで学生時代から引きずり続けている暁人に寄り添えるような気がしました」と語る。

井葉『Bittersand』(C)Bittersand 制作委員会
2人とは異なり、7年間高校時代の友人と会っておらず、消したい過去を持つ絵莉子について木下さんは「高校生と25歳とでは物事の考え方など大きく変わる時だと思います。まだ私は撮影時19歳でどちらの歳にも近かったので、演じやすかった感じがします」とふり返り、「高校生は自由に自分ペースで生きているように演じ、一方25歳はそのギャップを見せる為に大人な女性の落ち着いた感じをイメージして演じました」と明かしている。

絵莉子『Bittersand』(C)Bittersand 制作委員会
併せて到着した予告編では、25歳の暁人が、絵莉子と再会する様子が映し出される。しかし、彼女にとっては、彼を含めたその頃の思い出は全て消したい過去となっていた。そこで暁人は、当時の事件を“無理やり忘れたふり”をするのではなく、“ちゃんと終わらせたい”と、井葉の力を借り、自分と絵莉子のために記憶を塗り替える企てを進める。映像では3人のほかにも、同級生の姿も確認することができる。


『Bittersand』は6月25日(金)よりシネ・リーブル池袋、UPLINK吉祥寺ほか全国にて順次公開。
《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top