クルエラ役エマ・ストーンを監督が賞賛「細かな演技を見事にやってくれた」

エマ・ストーン主演実写映画『クルエラ』の監督クレイグ・ギレスピーがエマについて語るコメントがシネマカフェに到着した。

映画 洋画ニュース
『クルエラ』(C)2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『クルエラ』(C)2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『クルエラ』(C)2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『クルエラ』(C) 2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『クルエラ』(C)2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『クルエラ』(C) 2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『クルエラ』(C)2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
映画館での上映に加え、「Disney+」にてプレミアアクセスでも配信中のエマ・ストーン主演実写映画『クルエラ』。この度、本作の監督クレイグ・ギレスピーがエマについて語るコメントがシネマカフェに到着した。

>>『クルエラ』あらすじ&キャストはこちらから

ミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞を受賞したことも記憶に新しいエマが今作で演じているのは、名作アニメーション『101匹わんちゃん』に登場するディズニー史上最も悪名高きヴィラン・クルエラ。

『クルエラ』(C) 2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
そんな彼女の誕生秘話が、衝撃のパンクロック・エンターテインメントとして、過激かつスタイリッシュに明かされていくのが本作『クルエラ』。創意に富んだ少女エステラは、ファッション・デザイナーとして業界で名を馳せようと日々前を向いて生きていたが、ある出来事を機に、目的のためには手段を選ばないクルエラへと変貌を遂げる――。

<夢を持った少女・エステラ>と<人々の心を震撼させるヴィラン・クルエラ>、今作の主人公は2面性のあるキャラクター。ギレスピー監督は「クルエラになっていく過程では、とても細かなニュアンスの演技が要求される。彼女は突然にしてクルエラになるのではない。そこまでの間に、感情ポイントがいくつもある」とクルエラというキャラクターを演じる上での難易度の高さを説明。

『クルエラ』(C)2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
そして「エマ(・ストーン)は、その中で、いくつも違うクルエラを演じているんだ」と言い、「まだ学んでいる段階のクルエラもあれば、すごく暗いクルエラもある。“このシーンのクルエラはどんなクルエラなのか”という会話がたっぷりあったよ。シーンによっては、もっとアグレッシブで意地悪にならないといけないし、別のシーンではもっと感情的にならなければいけない。エマ・ストーンは、そんな細かな演技を見事にやってくれた」と物語の中で変わっていく心情の変化を繊細に演じ分けたエマの演技力を賞賛している。

『クルエラ』(C) 2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
『クルエラ』は公開中、ディズニープラス プレミアアクセスにて配信中。
※プレミアアクセスは追加支払いが必要
《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top