【インタビュー】芳根京子&岡田将生、いまだからこそ感じる俳優としての喜び

6月25日(金)より公開される映画『Arc アーク』にて、夫婦役となった芳根京子&岡田将生。『蜜蜂と遠雷』、『愚行録』などで知られる石川慶監督が手掛けた初のSF作品は、人類初・永遠の命を得た芳根さん演じる、リナが主人公の物語。

最新ニュース インタビュー
芳根京子&岡田将生『Arc アーク』/photo:Jumpei Yamada
  • 芳根京子&岡田将生『Arc アーク』/photo:Jumpei Yamada
  • 岡田将生『Arc アーク』/photo:Jumpei Yamada
  • 芳根京子&岡田将生『Arc アーク』/photo:Jumpei Yamada
  • 岡田将生『Arc アーク』/photo:Jumpei Yamada
  • 芳根京子『Arc アーク』/photo:Jumpei Yamada
  • 芳根京子&岡田将生『Arc アーク』/photo:Jumpei Yamada
  • 芳根京子『Arc アーク』/photo:Jumpei Yamada
  • 芳根京子&岡田将生『Arc アーク』/photo:Jumpei Yamada
6月25日(金)より公開される映画『Arc アーク』にて、夫婦役となった芳根京子&岡田将生。『蜜蜂と遠雷』、『愚行録』などで知られる石川慶監督が手掛けた初のSF作品は、人類初・永遠の命を得た芳根さん演じる、リナが主人公の物語。

ストップエイジングの研究を完成させ、リナと共に終わりのない人生を選んだ黒田天音(岡田さん)。若い身体のままふたりで年を重ね、永遠の幸せを手に入れたかのように見えたが、残酷な運命が顔を出す。「不老不死」は、やはり禁断の果実なのか、それとも…。

『Arc アーク』(C)2021 映画『Arc』製作委員会
静かに迫る死生観、すべてを受け止めてくれるような壮大な画、豊かな映画体験が約束される本作では、浮かび上がったテーマや、身近な人を愛するということに、改めて思いを馳せることができる。出演した芳根さん&岡田さんは、本作をどう受け止めたのか? テーマから派生して、今思う様々なことをインタビューで聞いた。

一筋縄ではいかぬ役に身を投じた芳根京子を岡田将生が絶賛「映画に覚悟が刻まれている」


芳根京子『Arc アーク』/photo:Jumpei Yamada
――非常に余韻が残る映画『Arc アーク』、ご出演の芳根さん、岡田さんは、完成作をご覧になって、どのように感じられましたか? 撮影時に想像していた仕上がりとのギャップなどもあれば、教えていただきたいです。

芳根:石川さんがどんな風に編集されるのかが楽しみだったので、撮影のときは何の予想も立てていませんでした! 石川さんが撮る画を、「ああ、こういうのが必要なんだな」と受け止めながら、ずっと臨んでいたんです。完成作を観たときは、なんだか、すごくすっきりした気持ちになりました。新しいジャンルの映画が誕生したんだな、と思えたんです。そんな作品に参加させてもらえていることを、すごく嬉しく感じました。

――「すっきりした」とは、とても面白い表現ですね。

芳根:ほんとですか!

岡田:芳根ちゃん、やりきったからね。完成作を観て、石川監督ならではの温かみのある画と、象徴的なラストシーンで「すごく包まれて終わったなあ」と思いました。生と死という壮大なテーマと、親と子の壮大な物語でもあるので、両方つきつけられて…なんか席を立てなくなりますよね。「うおお、すごいものを観せられた!」と。僕も参加できて、本当によかったです。

この映画を観て、何より思うのは、芳根ちゃんのこの役をやる覚悟というか。おそらくどの俳優さんが見ても、「これは一筋縄じゃいかないよ」と感じられる台本だったので、やるにあたっての覚悟と、石川監督に身を任せ信じて戦っている姿が、この映画に刻まれていると思います。

『Arc アーク』(C)2021 映画『Arc』製作委員会
――もしも岡田さんがリナ役でオファーされることがあったら、やっていましたか? 俳優としては惹かれる役どころでしょうか。

岡田:絶対に行っていたと思います。でも、捧ぐにはものすごく覚悟がいるので、お返事の期限ぎりぎりまで「んー、どうしよう、どうしよう!」と、悩んでいるかも…。だからこそ、やっぱり芳根さんは本当に素晴らしいと思いました。

芳根:そんな、ありがとうございます。

――撮影現場では、お互いどのようにコミュニケーションを取っていらしたんですか?

岡田:前も一緒にドラマをやっていたので、そのときと変わらなかったよね?

芳根:そうですね! 撮影中は、ずっと「まーさん」と呼んでいたんです。私、人と距離を近づけるのが下手なので、「呼び方から近づいていきます!」と言っていたんですが…現場で誰ひとり呼んでいませんでしたね(笑)。一向に浸透せず、今も「岡田さん」という気持ちです(笑)。

岡田:石川監督だけ、低いいい声で、たまに呼んでくれてました(笑)。

岡田将生『Arc アーク』/photo:Jumpei Yamada
――香川でのロケと伺っていますが、おふたりならではの思い出も、ありますか?

芳根:一緒にそうめんを買いに行きました。「どうしても、最後にそうめんだけは買って帰りたい!」と言って、開いているお店を調べて、慌てて買いに行った思い出があります。

岡田:あと、小豆島で1回、石川監督と、寺島しのぶさんと一緒にごはんも食べたよね。今回、土地に助けられている部分もすごくあったなと思います。香川県庁の建造物も素晴らしかったし…あと、うどんもおいしいし(笑)。

芳根:私、お昼休みや移動のときに抜け出して、うどんを食べてました(笑)。「せっかく香川にいるんだから、絶対に食べたい!」と思って、こっそり食べに行って何喰わぬ顔で現場に帰っていました、いい思い出です(笑)。

《text:赤山恭子/photo:Jumpei Yamada》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top