故ポール・ウォーカーが乗った『ワイスピ』のトヨタ・スープラが6000万円で落札

先週末、アメリカのラスベガスで、世界最大級の自動車オークション「バレット・ジャクソン」が開催された。

最新ニュース ゴシップ
ポール・ウォーカー -(C) Getty Images
  • ポール・ウォーカー -(C) Getty Images
  • ポール・ウォーカー-(C)Getty Images
  • ポール・ウォーカー-(C)Getty Images
先週末、アメリカのラスベガスで、世界最大級の自動車オークション「バレット・ジャクソン」が開催された。

故ポール・ウォーカー演じるブライアン・オコナーが『ワイルド・スピード』『ワイルド・スピードX2』で乗っていた1994年製のトヨタのスープラが、オークションに出品され、匿名希望の人物によって、55万ドル(約6000万円)で落札されたという。


「バレット・ジャクソン」の発表によると先週末、3日間行われたオークションで284台の車が落札され、ポールが乗ったスープラの落札価格はそのなかで5番目に高かったとのこと。

ポールの弟でポールの死後「ブライアン」として『ワイルド・スピード SKY MISSION』に出演したコディは、「(ポールが生きていたらオークションを)きっと楽しんでいたと思います」とコメントしている。

ファンからは、「この車はジェームズ・ボンドのアストンやスティーヴ・マックイーンのマスタング・ブリット、ニコラス・ケイジのマスタング・エレノアと同じくらい、映画史においてアイコニックな車だと思う」「ポールが亡くなったのは本当に残念」「その(約6000万円)価値がある」「プライスレス」などのコメントが寄せられている。

『ワイルド・スピード』シリーズ最新作『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』は8月6日に日本で公開される。
《Hiromi Kaku》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top