山下智久、自らを吹き替える!「THE HEAD」吹替版配信決定

Huluオリジナル「THE HEAD」の日本語吹き替え版が、7月21日(水)より一挙配信されることが決定。山下智久は、自身を吹き替えることになる。

最新ニュース スクープ
Huluオリジナル「THE HEAD」Hulu Japan
  • Huluオリジナル「THE HEAD」Hulu Japan
  • Huluオリジナル「THE HEAD」Hulu Japan
  • Huluオリジナル「THE HEAD」Hulu Japan
Huluオリジナル「THE HEAD」の日本語吹き替え版が、7月21日(水)より一挙配信されることが決定。山下智久は、自身を吹き替えることになる。

本作は、様々な国のキャストが集結し、日本からは山下さんがメインキャストのひとりとして出演した大型国際連続ドラマ。辺境の地にある南極の科学研究基地で展開する、震撼の極限心理サバイバル・スリラーとなっている。

当初、ヨーロッパの主要放送局や、HBO Asiaが網羅する23の国と地域での放送をはじめ、世界30の国と地域、15以上の言語で公開されたが、いまではその数も倍増。7月現在、世界約60の国と地域で放送・配信中だ。

そんな中今回、日本語吹き替え版が完成した。2019年夏、日本人キャストはたった一人という環境の中、オール海外ロケに参加した山下さんは、今回のアフレコで、当時の記憶が鮮明によみがえってきたそうで「あの頃は、英語のセリフに感情を乗せる作業がすごく難しく、ただただ撮影についていくのに必死で…。今回アフレコをしながら、毎日もがきながら取り組んでいたこと、そんな僕を支えてくれたスタッフ・キャストの顔を思い出しました。たった3ヵ月のロケでしたけど、改めて“一生忘れられない夏”だったな、と思います」とふり返る。


また「英語で話している時は口も大きく動くし、表情も豊かになる。そこに、普通のテンションで日本語のセリフを乗せると、見ている人の中に違和感が生じてしまうんです。ディレクションを受け、テンションや声のトーンを調整しながら『あっ、よく吹替版の作品で聞いた感じだ!』って、楽しくなりました」とアフレコした感想を語った。

さらに、「英語のセリフで演じていた時も、僕自身はAkiの言葉や感情を日本語で解釈していたんです」と明かした山下さん。「今回日本語で改めて演じることで、気持ちの中にあったAkiをやっと出せたような気がします」と話し、「字幕を追っている時は見逃しがちな画力を感じていただきたいです。また、日本語に吹き替えることで、登場人物たちの言葉もダイレクトに皆さんに届くと思います。オリジナルを見てくださった方も、まだ一度も見てらっしゃらない方も、この機会に『THE HEAD』日本語吹替版を楽しんでいただけたら、うれしいです」とメッセージを寄せている。

なお、山下さんのアフレコ時の様子やインタビュー映像など、今後も当時のメイキング映像の追加配信が予定されている。

Huluオリジナル「THE HEAD」日本語吹替版は7月21日(水)より全6話一挙配信開始。
《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top