2人の禁断の恋が人々の運命を変えていく…『ウエスト・サイド・ストーリー』12月公開&予告編

世代を超えて人々を魅了し続ける伝説のミュージカルを、巨匠スティーブン・スピルバーグが映画化した『ウエスト・サイド・ストーリー』が、12月10日(金)より公開決定。併せて、名曲「Somewhere」にのせて贈る予告編が解禁された。

映画 洋画ニュース
『ウエスト・サイド・ストーリー』(C) 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.
  • 『ウエスト・サイド・ストーリー』(C) 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.
  • 『West Side Story』(2019) (C) APOLLO

世代を超えて人々を魅了し続ける“伝説”のミュージカルを、巨匠スティーブン・スピルバーグが映画化した『ウエスト・サイド・ストーリー』が、12月10日(金)より公開決定。併せて、名曲「Somewhere」にのせて贈る予告編が解禁された。

舞台は、1950年代のニューヨーク。マンハッタンのウエスト・サイドには、夢や成功、そして自由を求める多くの移民たちがいた。しかし、差別や偏見による社会への不満を抱えた若者たちは、やがて仲間と集団を作り激しく敵対し合っていく。ある日、ジェッツと呼ばれるチームの元リーダー・トニーは、対立するシャークスのリーダーの妹マリアと出会い、一瞬で惹かれあう。そしてふたりの禁断の恋が、多くの人々の運命を変えていく――。

1957年にブロードウェイ・ミュージカルとして誕生した「ウエスト・サイド物語」は、翌年にトニー賞2部門、1961年には映画化され作品賞含むアカデミー賞10部門を受賞。シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」をベースにした物語は、世界中を空前の感動で包み込んだ。今回そんな名作を映画化したスティーブン・スピルバーグ監督は、本作を自身の手で映画化することを長年夢見ていたと言い、本作で初めてミュージカル映画に挑戦している。


今回解禁された映像は、物語の舞台であるニューヨークの街並みから始まる。敵対するチーム、ジェッツとシャークスの一触即発の対面シーンはもちろん、ジェット団の元リーダー・トニー(アンセル・エルゴート)とシャーク団のリーダーの妹・マリア(レイチェル・ゼグラー)がダンスホールで出会うシーンなど、物語を代表する場面も。

また予告編の中で流れる名曲「Somewhere」には、そんな異なる立場の者同士が手を取り合うことができるのか?という本作のテーマが反映されており、いまを生きる我々への問いになっている。そのほかミュージカルらしい華やかで躍動感のあるダンスシーンも垣間見え、スピルバーグ監督が紡ぐ新たな『ウエスト・サイド・ストーリー』に期待が高まる。

『ウエスト・サイド・ストーリー』は12月10日(金)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top