「SHERLOCK/シャーロック」の大家さん役女優ユーナ・スタッブスが死去、84歳

「SHERLOCK」でベーカー街221Bの家主のハドソン夫人を演じていたウーナ・スタッブスが亡くなった。84歳だった。

最新ニュース ゴシップ
ユーナ・スタッブス Photo by Dave M. Benett/Getty Images
  • ユーナ・スタッブス Photo by Dave M. Benett/Getty Images
  • 「シャーロック」スクリーニング・プレビュー Photo by Eamonn M. McCormack/Getty Images
  • ユーナ・スタッブス Photo by Gareth Cattermole/Getty Images

「SHERLOCK/シャーロック」でベーカー街221Bの家主のハドソン夫人を演じていたウーナ・スタッブスが亡くなった。84歳だった。「母が、エディンバラで家族に見守られる中、静かに息を引き取りました。とてもつらく、悲しいときです。どうかプライバシーへの配慮とご理解をお願いいたします」と家族が発表した。

「SHERLOCK」の公式ツイッターアカウントに、製作総指揮のスー・ヴァ―チュー&「SHERLOCK」ファミリーからの悼文が掲載されている。

「あぁ、ユーナ・スタッブス。どれほど寂しくなるでしょう。あなたは『SHERLOCK』では「家主であって、家政婦ではない」と言う役でしたが、私たちにとっては『SHERLOCK』のお母さんでした。あなたは私たちを一つにまとめてくれました。いつも人生を慈しんでいて、いつも賢く、いつだってすごくおもしろくて、常にやさしい人でした。バイバイ、大好きな人。あなたはずっと私たちの心の中にいます」

「SHERLOCK」でスーとともに製作総指揮を務め、マイクロフト・ホームズとして出演もしているマーク・ゲイティスは「ユーナと働けたことは、人生で経験した最高の喜びの一つ」と振り返り、「不滅のハドソン夫人」と呼んでユーナを称えた。

女優として約60年のキャリアを積んだユーナ。ホームズ役のベネディクト・カンバーバッチのことは、彼の母親ワンダ・ヴェンサムと共演したことがあって仲が良かったことから、ベネディクトが4歳の頃から知っていたという。

Photo by Eamonn M. McCormack/Getty Images
《賀来比呂美》
賀来比呂美

休日は猫とお酒と海外ドラマ♪ 賀来比呂美

大学で映画学を専攻、卒論のテーマに『ガタカ』を取り上げる。卒業後は映画やドラマのロケ地で有名なバンクーバーに留学し、街中に溶け込むベニチオ・デル・トロやアイス・キューブを見かけて大興奮。映画三昧の生活を送る。帰国後、数社を経て雑誌編集者として出版社に勤務。シニアの愛猫と過ごす時間を増やすべく、2016年からフリーランスライターに。執筆ジャンルは映画、音楽、ペットなど。人の話を聞くのが大好きで、俳優、ピアニスト、医師など数百名への取材経験あり。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top