『ザ・スーサイド・スクワッド』ジェームズ・ガン監督、“リアルサイズ”コスチュームへのこだわり語る

『ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結』クセの強いキャラクターたちをより一層個性的に仕立て上げているのが、それぞれのキャラクターが作中で身にまとうコスチュームだ。

映画 洋画ニュース
『ザ・スーサイド・スクワッド 
  • 『ザ・スーサイド・スクワッド 
  • 『ザ・スーサイド・スクワッド 
  • 『ザ・スーサイド・スクワッド “極“悪党、集結』(C) 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM
  • 『ザ・スーサイド・スクワッド 
  • 『ザ・スーサイド・スクワッド 
  • 『ザ・スーサイド・スクワッド 
  • 『ザ・スーサイド・スクワッド 
  • 『ザ・スーサイド・スクワッド 

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのジェームズ・ガン監督が贈る、ユーモア満載&テンション爆上げの痛快サバイバル・アクション『ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結』。“極”悪党たち14人が登場する本作で、ただでさえクセの強いキャラクターたちをより一層個性的に仕立て上げているのが、それぞれのキャラクターが作中で身にまとうコスチューム。ガン監督のこだわりはコスチュームデザインにも反映されているという。


>>『ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結』あらすじ&キャストはこちらから

本作のプロデューサーを務めたピーター・サフランはガン監督の衣装へのこだわりについて、「ジェームズは衣装も“魔法”のように見せるのではなく、現実的なサイズの兵器に変化したりする仕掛けを取り込んでいるんだ」と語る。

これを最も象徴しているのが、武器オタクの最強スナイパー、ブラッドスポートのコスチューム。ガン監督はブラッドスポートの衣装について、「原作コミックのブラッドスポートは、何もないところから魔法のように武器を取り出すが、この映画では彼のスーツのいたるところに無数の武器が仕込まれていて、必要に応じて武器を取り出しながら戦うようにしたんだ」と語り、スーパーパワーの持ち主ではなく、幼少期から訓練を受けてきた最強スナイパーであるブラッドスポートの“リアルさ”を表現するために創意工夫を重ねたことを明かした。

さらに本作には、先日ガン監督が「あのウサギは僕が描いたんだよ」と明かし、話題を呼んだ“黄色いウサギさんTシャツ”を着て戦うアメリカ陸軍特殊部隊の大佐リック・フラッグや、ブルーのハーフパンツ1枚でミッションに挑むサメ人間キング・シャーク、さらには、その名の通りカラフルな水玉模様の全身スーツを身にまとったポルカドットマンなど、成功率0%のデス・ミッションには一見似つかわしくない、ちょいダサなコスチュームを身に着けている者も多数いる。

衣装すらも規格外な、史上最もヒーローらしくないヒーローチームの活躍に胸が高鳴る。

『ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結』は全国にて公開中。

《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top