アンドリュー×マヤ×ナット『メインストリーム』の新写真入手、YouTube制作の裏で“三角関係”に!?

アンドリュー・ガーフィールド主演『メインストリーム』から、“バズった”YouTube制作の裏で巻き起こる三角関係を形成するアンドリューと共演のマヤ・ホーク、ナット・ウルフの場面写真を入手

映画 洋画ニュース
『メインストリーム』(C)2020 Eat Art, LLC All rights reserved.
  • 『メインストリーム』(C)2020 Eat Art, LLC All rights reserved.
  • 『メインストリーム』(C)2020 Eat Art, LLC All rights reserved.
  • 『メインストリーム』(C)2020 Eat Art, LLC All rights reserved.
  • 『メインストリーム』(C)2020 Eat Art, LLC All rights reserved.
  • 『メインストリーム』(C)2020 Eat Art, LLC All rights reserved.
  • 『メインストリーム』(C)2020 Eat Art, LLC All rights reserved.
  • 『メインストリーム』(C)2020 Eat Art, LLC All rights reserved.

アンドリュー・ガーフィールドが観る者を翻弄するカリスマYouTuberを演じる『メインストリーム』。今回は、“バズった”YouTube制作の裏で巻き起こる三角関係を形成するアンドリューと共演のマヤ・ホーク、ナット・ウルフの場面写真が到着した。


>>『メインストリーム』あらすじ&キャストはこちらから


今回解禁となったのは、立ち尽くす3人の三角関係を表すような新場面写真。自分たちの動画がバズり、人気Youtuberへの道を駆け上がりはじめた3人だが、日々の動画制作の中でお互い気になり始めているリンク(アンドリュー・ガーフィールド)とフランキー(マヤ・ホーク)の距離感は近く、脚本担当のジェイク(ナット・ウルフ)とは一歩離れている様子。ジェイク自身も2人の親密さになんとなく気づきながらも、フランキーへの恋心もあり、あえて本人たちに聞くこともできず、もどかしい状況となっている。

本作で、フランキーに恋をする男友達を演じたナット・ウルフといえば、ジア・コッポラ監督の長編監督デビュー作『パロアルト・ストーリー』(13)にも出演。『メインストリーム』のジェイクとは真逆の性格を持つ主人公の悪友フレッド役を見事に演じ、そのほか、『きっと、星のせいじゃない』や『マイ・インターン』などの話題作にも続々と出演。『オールド』をはじめ俳優としても活躍する弟のアレックス・ウルフとの音楽ユニット「Nat and Alex Wolff」を結成し音楽界からも注目を集めている。

そんなナットの音楽が、実は本作でも起用されており、ジア監督は「ナット・ウルフは出演してくれることが分かっていたから、彼の役は当て書きをしました『パロアルト・ストーリー』では、彼にすごくやっかいなキャラクターをやってもらったけど、実生活はすごくいい子なんです。ある夜、一緒に遊んでいたとき、彼が何とはなしに曲を演奏したんです。自分で作った『ウィンター・ベイビー』という歌なのですが、すごく素敵な曲で、そのことが彼のキャラクターであるジェイクの元となっていますし、その曲は映画の中でも使っています」と明かした。

刺激的な日々と、誰もが羨む名声を得る3人だが、喜びも束の間、バズが上がれば上がるほど、“いいね”への執着が加速し、リンク、フランキー、ジェイクの3人の関係にも変化が巻き起こる。この三角関係の青春ドラマにも注目だ。

『メインストリーム』は10月8日(金)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top