古川琴音&中島歩ら、人生を大きく揺り動かす3つの偶然に直面…『偶然と想像』予告

濱口竜介監督の最新作『偶然と想像』が10月30日(土)から開催される第22回東京フィルメックスのオープニング作品に決定、併せて予告編が解禁。

映画 邦画ニュース
『偶然と想像』 (C)2021 NEOPA / Fictive
  • 『偶然と想像』 (C)2021 NEOPA / Fictive
  • 『偶然と想像』 (C)2021 NEOPA / Fictive
  • 『偶然と想像』 (C)2021 NEOPA / Fictive
  • 『偶然と想像』 (C)2021 NEOPA / Fictive
  • 『偶然と想像』 (C)2021 NEOPA / Fictive
  • 『偶然と想像』(C)2021 NEOPA / fictive

第71回ベルリン国際映画祭銀熊賞(審査員グランプリ)を受賞した濱口竜介監督の最新作『偶然と想像』が本年度、10月30日(土)から開催される第22回東京フィルメックスのオープニング作品に決定、併せて予告編が解禁となった。


>>『偶然と想像』あらすじ&キャストはこちらから

第71回ベルリン国際映画祭にて銀熊賞受賞後も、本作は海外映画祭への招待が続き、9月にハンガリーで開催した第17回CineFestミシュコルツ国際映画祭では最高賞にあたるエメリック・プレスバーガー賞を受賞するなど快挙を果たし、ついに日本では今回「東京フィルメックス」にて初お披露目となる。

さらに解禁された予告編では、古川琴音をはじめ、中島歩森郁月甲斐翔真らフレッシュな顔ぶれが揃い、濱口組出演経験のある玄理渋川清彦占部房子河井青葉ら個性豊かな俳優陣も参加。リハーサルにリハーサルを重ね、生み出された、第1話『魔法(よりもっと不確か)』、第2話『扉は開けたままで』、第3話『もう一度』の3つの物語を順に紡ぐ。

親友同志の恋バナ、大学教授に教えを乞う生徒、そして20年ぶりに再会した友人…。日常のシチュエーションから一転、3組の会話はどんどん掘り下げられてゆき、想像しえなかった展開を予感させていく。

濱口監督は、「3つの物語は『偶然』をテーマにしていて、それまで暮らしていた日常からだんだんはみでていく、そのことによって新しい自分を発見していきます。どの物語も役者さんが素晴らしく、自分自身が現場で本当に彼らの会話がおきている感覚になり、そしてその会話に引き込まれていきました。役者さんの演技を見ていただくため、ぜひに劇場にお越しいただけたらと思います」と、3つの物語を演じた役者についてコメント。

さらにいま、世界各国で上映されている映画祭については「自宅の近くでリハーサルをしたり、こぢんまりと親密な形で撮影をしていた作品を見つけてくれたベルリン映画祭はじめ、世界中の映画祭に招待していただいていることをとても光栄に思います」と喜びを込めて語っている。

『偶然と想像』は12月17日(金)よりBunkamuraル・シネマほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top