ピーター・ディンクレイジ主演、ジョー・ライト監督のミュージカル映画『シラノ』の予告編が公開

『プライドと偏見』『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』のジョー・ライト監督のミュージカル映画『Cyrano』(原題)の予告編が公開された。

最新ニュース ゴシップ
『Cyrano』(原題)(C) APOLLO
  • 『Cyrano』(原題)(C) APOLLO
  • 『Cyrano』(原題)(C) APOLLO
  • 『Cyrano』(原題)(C) APOLLO
  • 『Cyrano』(原題)(C) APOLLO
  • 『Cyrano』(原題)(C) APOLLO
  • 『Cyrano』(原題)(C) APOLLO

『プライドと偏見』『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』のジョー・ライト監督のミュージカル映画『Cyrano』(原題)の予告編が公開された。

2019年、過去に何度も舞台化・映像化されてきたエドモン・ロスタンの戯曲「シラノ・ド・ベルジュラック」を舞台監督のエリカ・シュミットが新しくミュージカル化。夫であるピーター・ディンクレイジ(「ゲーム・オブ・スローンズ」)が主人公のシラノを演じた。ライト監督はそのミュージカルを『Cyrano』として映画化し、ピーターは映画版でもシラノを演じることに。

騎士のシラノは文武ともに優れ才能豊かな青年だが、容姿には恵まれなかった。いとこのロクサーヌ(ヘイリー・ベネット)の親友であり、ひそかにロクサーヌに恋もしている。しかし、ロクサーヌは財政難に陥っている実家のために、金持ちの男(ベン・メンデルソーン)と結婚させられそうになっていた。そんな男と一緒になるくらいならとシラノは美男子の友人クリスチャン(ケルヴィン・ハリソン・Jr.)とロクサーヌの恋を取り持つことにする。クリスチャンは、容姿はよいが頭の切れが悪く、ロクサーヌへの恋心の伝え方がわからない。そこで、シラノは自分が書いた恋文をクリスチャンが書いたということにして、ロクサーヌに送る。この作戦はうまくいったが長くは続かず…。

映画ファンの反応は、「予告編で私を泣かせられるのはピーター・ディンクレイジだけ」「美しい、美しい、美しい。絶対に映画館で観たい」「ピーターは間違いなくオスカーにノミネートされる!」と好評だ。

《Hiromi Kaku》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top