ニコラス・ツェー「これこそ香港アクション」恩師の遺作『レイジング・ファイア』を語る

『レイジング・ファイア』から、ニコラス・ツェーが恩師ベニー・チャン監督の遺作となった本作への熱い思いを語るインタビューや撮影風景をおさめたメイキング映像が到着。

韓流・華流 スクープ
『レイジング・ファイア』(C)Emperor Film Production Company Limited Tencent Pictures Culture Media Company Limited Super Bullet Pictures Limited  ALL RIGHTS RESERVED
  • 『レイジング・ファイア』(C)Emperor Film Production Company Limited Tencent Pictures Culture Media Company Limited Super Bullet Pictures Limited  ALL RIGHTS RESERVED
  • 『レイジング・ファイア』(C)Emperor Film Production Company Limited Tencent Pictures Culture Media Company Limited Super Bullet Pictures Limited  ALL RIGHTS RESERVED
  • 『レイジング・ファイア』(C)Emperor Film Production Company Limited Tencent Pictures Culture Media Company Limited Super Bullet Pictures Limited  ALL RIGHTS RESERVED
  • 『レイジング・ファイア』(C)Emperor Film Production Company Limited Tencent Pictures Culture Media Company Limited Super Bullet Pictures Limited  ALL RIGHTS RESERVED
  • 『レイジング・ファイア』(C)Emperor Film Production Company Limited Tencent Pictures Culture Media Company Limited Super Bullet Pictures Limited  ALL RIGHTS RESERVED
  • 『レイジング・ファイア』(C)Emperor Film Production Company Limited Tencent Pictures Culture Media Company Limited Super Bullet Pictures Limited  ALL RIGHTS RESERVED
  • 『レイジング・ファイア』(C)Emperor Film Production Company Limited Tencent Pictures Culture Media Company Limited Super Bullet Pictures Limited  ALL RIGHTS RESERVED
  • 『レイジング・ファイア』(c)Emperor Film Production Company Limited Tencent Pictures Culture Media Company Limited Super Bullet Pictures Limited  ALL RIGHTS RESERVED

中国で公開4週連続1位を記録、220億円突破の大ヒットとなった『レイジング・ファイア』から、ドニー・イェンとともにW主演を務めたニコラス・ツェーが、恩師ベニー・チャン監督の遺作となった本作への熱い思いを語るインタビューや撮影風景をおさめたメイキング映像が到着。さらにニコラス・ツェーの“闇落ち前と後”アザーカットが到着した。


>>『レイジング・ファイア』あらすじ&キャストはこちらから

ベニー・チャン監督は、ジャッキー・チェン主演の『香港国際警察/NEW POLICE STORY』をはじめ数多くの大ヒット作を放ち、ポリス・アクションを極めつつ、サスペンスとヒューマン・ドラマを融合する名手としても知られた。2020年に58歳で惜しまれながら他界し、遺作となった本作は中国で公開された香港映画歴代1位の興行成績を記録した。

ドニー・イェン演じるチョン警部とかつては師弟関係にあったが、ある事件がきっかけで復讐の獣と化した元エリート警官ンゴウを演じたニコラス・ツェーは、ベニー・チャン監督のつながりは深く、初めての出会いはニコラスが19歳の時に出演した『ジェネックス・コップ』。当時監督から厳しく接された経験がそのあとの自分の成長に必要不可欠だったと後にふり返るほどで、その後も『香港国際警察/NEW POLICE STORY』『インビジブル・ターゲット』『新少林寺/SHAOLIN』『プロジェクトBB』とベニー・チャン監督作に何度となく出演し、共に新たなキャラクターとアクションの限界に挑戦してきた。

解禁となったメイキング映像で、ニコラス・ツェーはまず「“これこそ香港アクション”だと堂々といえる映画で久しぶりに演じることが出来ました」と力強く話す。「そして、今の時代では、命懸けで映画を撮ろうとする役者や監督はどんどん減っていますからね」と続け、「ようやくこの映画に出会えました」と感慨深く語る。

また、鬼気迫る銃撃戦の撮影風景やアクションの段取りを真剣な表情で確認する姿もあり、特にアクションについては「今回は技術的な細かいところが難しかった。ラストの10分間で、(ドニー・)イェン兄さんと長い格闘シーンが二つありました。1つ1つのアクションを通じてその役の性格やイメージを表現しています」と身振り手振りを加えながら説明。 

映像には、撮影現場でニコラス・ツェーらに演出するチャン監督の様子もおさめられており、そこには元警官だったンゴウが悪人になってしまった、その心情を熱心に説明する肉声も収められている。

そして今回あわせて解禁となったニコラス・ツェーのアザーカットは、ンゴウの闇落ち前と後のシーンカット。そこから垣間見られる人間の複雑さが、単なるアクション映画ではない本作の魅力の1つとなっている。

最後に「もしこの映画について尋ねられたら、私とベニー監督は間違いなく心残りはありません。“これこそ香港アクション”だと皆さんが覚えてくれることを願っています」と語るニコラス・ツェー。作品と、恩師である亡き監督への熱き想いを明かしている。

『レイジング・ファイア』は12月24日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top