柳俊太郎“陣内”の魅力に視聴者からの反応続々、原菜乃華“吟子”の恋には「こんな恋愛してみたい」の声も…「ナンバMG5」5話

間宮祥太朗が主演する「ナンバMG5」の5話が5月18日放送。市松のアタマ・陣内を演じる柳r56t俊太郎に多くの視聴者からの反応が集まる一夫、原菜乃華演じる吟子の“恋”にも「こんな恋愛してみたい」などの声が寄せられている。

最新ニュース スクープ
「ナンバMG5」第5話(C)フジテレビ
  • 「ナンバMG5」第5話(C)フジテレビ
  • 「ナンバMG5」第5話(C)フジテレビ
  • 「ナンバMG5」第5話(C)フジテレビ
  • 「ナンバMG5」第5話(C)フジテレビ
  • 「ナンバMG5」第5話(C)フジテレビ
  • 「ナンバMG5」第5話(C)フジテレビ

間宮祥太朗が主演する「ナンバMG5」の5話が5月18日放送。市松のアタマ・陣内を演じる柳r56t俊太郎に多くの視聴者からの反応が集まる一夫、原菜乃華演じる吟子の“恋”にも「こんな恋愛してみたい」などの声が寄せられている。

白百合高校で普通の高校生活を送りながら“特服”としても恐れられている難破剛に間宮さん。ヤンキー校・市松高校の1年生で先輩からも一目置かれる存在の伍代直樹に神尾楓珠。剛が好きなクラスメイトの藤田深雪に森川葵。深雪が好きで剛を“恋のライバル”視する大丸大助に森本慎太郎(SixTONES)。

伝説のヤンキーで剛の兄の難破猛に満島真之介。難破家の長女で中学2年生の難破吟子に原菜乃華。剛の母・難破ナオミに鈴木紗理奈。剛の父・難破勝に宇梶剛士といった顔ぶれも共演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

剛が帰宅すると見知らぬ男が家に上がりこんでいた。市松高校で剛のツレだという男の正体は、他校のヤンキーたちからも恐れられている市松高校のアタマ・陣内一久。帰り際「調子に乗るなよ、特服」と言い放つ陣内は、白百合高校の美術部にやってきて、自分とケンカしないと深雪に剛が“特服”であることをバラすと脅す。

一方、吟子は高浜一中3年の佐藤淳一(小田将聖)と知り合い、彼に勉強を教えてもらうことになるのだが、佐藤はヤンキー嫌いだった。勝ら家族一同に迫られ、自宅に淳一を呼ぶはめになる吟子。吟子は淳一に嫌われないよう勝やナオミ、猛に“ヤンキー”を封印させるが、淳一は難波家がヤンキー一家だと知っていた…というのが今回のおはなし。

吟子に対する淳一の想いを受けとめた勝は、自宅でならこれからも勉強を続けていいと告げる。視聴者からは吟子に「吟子ちゃん初々しいし甘酸っぱくて、こんな恋愛してみたい」「淳一くんにごはん誘われて嬉しそうにするし、勉強会することも決まってやったー!て喜んでてはぁ可愛い妹ちゃんだわ」といった声が上がるとともに、勉強したいと言い出した吟子に「いいじゃねえかよ、勉強」と笑顔を見せる剛にも「吟子が勉強してるって聞いたときの剛の嬉しそうな表情」「正直に勉強したいと明かした吟子を見て、剛はどうする…!?」などの声が。

一方、剛と激しいバトルを繰り広げた陣内にも「剛のこと兄ちゃんにバラさないの最高てか剛の本当にやりたいことわかってるの最高」などの反応とともに、「ロン毛の俊太郎ヤバすぎる。こんな色気ダダ漏れ高校生あかん」「柳俊太郎くんて色気振りまいてるな 二人で小声で話してるだけでなんかセクシー」等々、演じる柳さんが醸し出す“色気”に心を射止められた視聴者も続出している模様だ。

【第6話あらすじ】
二重生活を送って1年、千葉を制覇した剛は2年生に進級。剛は美術部の副部長に、深雪が副々部長に就任する。しかし深雪の人気が上がっていることが心配な剛は意を決し「ずっと好きでした。明日、直接お話させてください」と書いた手紙を深雪の下駄箱に入れる。あくる日、美術部員は写生大会で横浜を訪れる。が、そこで深雪がレディース「横浜魔苦須(マックス)」に話をつけに行ってしまう。さらに「魔苦須」二代目総長を狙うヤンキー「ケルベロス」も現れ一触即発の状態に…。

「ナンバMG5」は毎週水曜22時~フジテレビ系にて放送中。


※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がcinemacafe.netに還元されることがあります。
《笠緒》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top